全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

痛み何の、60m独走…東福岡CTB

(2017/1/7 21:53)

 ○東福岡28-21東海大仰星●(7日・決勝)

森勇登(3年)…東福岡・CTB

 左足の痛みを感じさせない約60メートルの独走トライだった。前半19分。自陣10メートルでロック箸本からのパスをこぼしたが、すぐさま拾い上げると一気に走り出した。軽快なステップを刻んで1人、2人とかわし、最後はタックルしてきた相手を右手で押しのけインゴールに飛び込んだ。

 相手の防御網を破れない苦しい展開の中、主導権を握る貴重な先制トライ。ただ、体は悲鳴を上げていた。準決勝で左足首を捻挫。左膝も痛めて途中交代した。初めての大きなけがだったが、藤田監督からは「決勝は死んでも出す」と絶大な信頼の言葉を贈られ、意地を呼び起こした。

 痛み止めの注射、薬と手を尽くし、前日は負傷した膝を狙われないように「けがは右膝」と、けむに巻いていた。グラウンドに立つことも危うい状態からの復活。「グラウンドでノーサイドを聞きたい」との思いを、最高の形でかなえた。

 安定感抜群のプレースキッカーとしても活躍。今大会は39本中36本を成功させた。「確実に決めてこそ、チームを勇気づけられる」。誇らしげに振り返った。【浅妻博之】

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。