全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

  • Twitter:@RugbyMBS

東福岡、防御でも強さ

(2017/1/7 21:48)

 高校ラグビー界をけん引する両雄の激突は、前々回王者の東福岡が前回覇者の東海大仰星(大阪第1)を28-21で振り切り、「高校3冠」に輝いた。計5試合を戦った東福岡は自チームが前々回大会でマークした大会最多総得点298を更新する311点を挙げた。歴代6位の通算大会勝利数は節目の70に伸ばし、都道府県別で5位の福岡県勢の優勝回数は10となった。東海大仰星は東福岡との決勝では第91回大会(2011年度)に続いて敗れ、初の連覇を逃した。

 ○東福岡28-21東海大仰星●

 東福岡は後半13分、自陣22メートル付近からボールを回し、CTB堀川が約50メートルを独走して勝ち越しトライ。16分にも堀川のトライで突き放し、防御でも再三のターンオーバーなど接点での強さで上回った。東海大仰星は後半10分にフランカー山村のトライ、CTB松本のゴールで追い付いたが、ゴール前でミスが多かったのが響いた。

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。