全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

  • Twitter:@RugbyMBS

元球児、仰星に“一目惚れ” 大橋亮太選手(3年) /大阪

(2017/1/8 14:11)

 野球少年だったプロップの大橋亮太選手(3年)は、メンバー入りした25人のうちで唯一、高校からラグビーを始めた異色の選手だ。当初はルールの違いに苦労したが、野球で培ったスタミナや下半身の力を生かし、チームを支えるラガーマンに成長した。

 小学1年から野球に打ち込んだ。力強いスイングが持ち味で「バットを振ったら三振かホームランだった」。奈良県生駒市の中学3年生だった頃、身長約175センチ、体重90キロとがっしりした体格ながら、俊足を生かした盗塁も得意だった。

 転機は中学3年の冬。全国優勝した東海大仰星の果敢なプレーをテレビ越しに体感すると、「ラグビーの方が僕の体格を生かせる」と、転向を決めた。

 ラグビーの解説本を読みふけって知識を蓄える一方、初心者も経験者も一緒に練習する東海大仰星独特の「全員ラグビー」で実践力も磨いた。体をさらに強くしようと、毎朝1時間早く登校してウエートトレーニングにも励んだ。

 決勝でも、強豪選手を相手に互角以上のパワーでスクラムを押したり、強烈なタックルを決めたりしてチームに貢献した。

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。