全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

  • Twitter:@RugbyMBS

東福岡3冠か 東海大仰星連覇か 突破力対決、きょう決勝

(2017/1/7 16:15)

 最終日の7日午後2時5分から東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、前回大会優勝の東海大仰星(大阪第1)と前々回大会を制した東福岡が対戦する。東海大仰星は5回目の優勝、第89~91回(2009~11年度)に東福岡が3連覇を達成して以来延べ12校目の大会連覇を狙う。東福岡は6回目の優勝のほか、2季ぶりに全国選抜大会、全国7人制大会と合わせた「高校3冠」も懸かる。両校の全国高校大会での対戦は4大会連続8回目で、過去は東海大仰星の4勝3敗。両チームは6日、最終調整を行った。

 東福岡、東海大仰星ともにFWは縦への突破力があり、相手防御を内に集めてから外に展開する攻撃スタイルは似通っている。

 東福岡のFWはロック箸本、NO8福井らがパスにも優れ、バックスと一体となった攻めを見せる。自チームが持つ大会最多総得点(前々回大会の298点)まで15点。ただ、準決勝でバックスの要で、正確なプレースキックも光るCTB森が脚を痛めた。欠場となると痛い。

 東海大仰星は防御で対抗したい。WTB根塚の鋭いタックルを中心に東福岡の出足を止めてターンオーバーを狙い、得点力もあるプロップ谷口、ロック庄司らがゲインラインを突破できるか。

 東福岡は準々決勝以降はいったん10点差以上のリードを許しながらも逆転勝ち。地力もあり、優位は動かない。東海大仰星はモールなども駆使して、前半で大きくリードしたい。【藤田健志】

守備から流れを

 ○…東海大仰星は午前11時ごろから約3時間半、大阪府枚方市のグラウンドで練習。ラインアウトや防御の位置取りの確認を行い、実戦に近い練習も行った。中等部のラグビー部員も加わった144人が手をつないで輪を作り、一人一人が順番に数を数える144回のスクワットで締めた。主将のフランカー山田は「点を取らせないようにタックルで刺さり続けたい」と、粘り強い守備から流れをつかむ考えを示した。

攻守連係を確認

 ○…東福岡は神戸市の神戸製鋼グラウンドで午前10時半から約1時間半、攻守の連係を確認。シンプルなパス回しと縦突破で勝ち上がってきたが、SO丸山は「決勝は一発でトライにつながる形を作りたい」と、サインプレーにも意欲を見せた。相手防御ラインは外にスペースが空く場面があり、「どんどん左右に振っていく。FWに頼ってばかりだったので、バックスの走力を見せてトライを取りたい」と自信を見せた。

両校の全国高校大会での対戦成績

年度   大会       試合結果

2003 83回 準々決勝 ○東海大仰星 34-22 東福岡●

  06 86回 決勝   ○東海大仰星 19-5  東福岡●

  09 89回 準々決勝 ●東海大仰星  7-23 東福岡○

  11 91回 決勝   ●東海大仰星 24-36 東福岡○

  13 93回 準決勝  ○東海大仰星 27-12 東福岡●

  14 94回 準々決勝 ●東海大仰星 12-43 東福岡○

  15 95回 準決勝  ○東海大仰星 24-22 東福岡●

両チームの今大会のデータ◇

【東海大仰星】            【東福岡】

61-5  光泉     2回戦   浜松工  139-0

48-19 深谷     3回戦   松山聖陵  91-0

40-12 東京     準々決勝  京都成章  28-22

29-21 桐蔭学園   準決勝   御所実   25-24

      95.9キロ FW体重  98.5キロ

      44.5   得点    70.8

      14.3   失点    11.5

       6.5   獲得トライ 10.3

       2.3   失トライ   1.8

       6.5   反則     4.3

 ※FW体重は準決勝の先発8人の平均。得失点、トライ、反則は1試合平均

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。