全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

御所実71-0茗渓学園 御所実11T

(2017/1/3 15:49)

第4日(1日・東大阪市花園ラグビー場)

茗渓学園(茨城) 反2

 0 0 0 0  0 0 0 0 0  0  0

 T G P D  前 T G P D  後  計

 4 2 0 0 24 7 6 0 0 47 71

御所実(奈良) 反5

 ▽主審=山本篤志

 ◆御所実71-0茗渓学園

 御所実は計11トライの快勝。原動力となったのが出足の鋭い防御だ。展開ラグビーが持ち味の茗渓学園に対し、「スペースを与えなかった」とSOの北村将主将。どんどん前に出て圧力をかけ、ハンドリングミスなどを誘うと同時にターンオーバーも連発した。ほとんど自陣でプレーすることはなかった。

 初戦の2回戦は前々回4強の尾道、茗渓学園も優勝経験がある手ごわい相手だったが、ともに零封勝利。Aシードの貫禄を見せ、竹田監督も「身上はディフェンスのチーム」と、71得点の攻撃よりも守りに満足していた。

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。