全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

  • Twitter:@RugbyMBS

東京12-3大阪桐蔭 東京8強、鉄壁磨く 大阪桐蔭ノートライ

(2017/1/3 15:54)

第4日(1日・東大阪市花園ラグビー場)

大阪桐蔭(大阪第3) 反4

 0 0 0 0  0 0 0 1 0 3  3

 T G P D  前 T G P D 後  計

 2 1 0 0 12 0 0 0 0 0 12

東京(東京第1) 反9

 ▽主審=吉原崇宏

 ◆東京12-3大阪桐蔭

 ■ノーサイド

防御ライン自在の飛躍

 全員が一斉に素早く前へ出る東京の防御ライン。磨き上げた伝統の「シャローディフェンス」で大阪桐蔭をノートライに封じ、5回目の挑戦で初めて3回戦の壁を破った。

 タイミングやタックルを外すリスクも背負うが、FWリーダーのロック青木は「コミュニケーションを取ってきた。バックスもよく詰めてくれた」と、鉄壁の守りを自賛した。大阪桐蔭もバックス陣の位置を通常より1メートルほど下げ、ラックからの素早い球出しを試みた。しかし、東京の厳しいプレッシャーに、パスが乱れる。

 後半20分過ぎ。大阪桐蔭はゴール前5メートル左中間まで攻めてのスクラム。東京のバックス陣は右側に位置取った。大阪桐蔭のSH杉原は逆を突こうとしたが、WTB水野晋が出足を見抜き、杉原をタックルで倒し、反撃の芽を摘んだ。

 工夫も凝らしてきた。低くぶつかった後、さらに押すトレーニングを積み、一昨年の春からは全地球測位システム(GPS)も活用。走った距離、スピードなどを数値化し、個々の課題を把握しながらスタミナを養ってきた。食事でも体重アップを意識。昨季から約10キロ増で100キロの青木は「初めての8強はうれしいが、通過点。もっと歴史を変えたい」と意気込む。強固なディフェンスで、準々決勝は前回覇者の東海大仰星に立ち向かう。【前本麻有】

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。