全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

  • Twitter:@RugbyMBS

桐蔭学園が好発進 5トライ奪い圧倒 /神奈川

(2016/12/31 12:08)

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)は30日、東大阪市花園ラグビー場で2回戦が行われ、県代表でAシードの桐蔭学園は、流経大柏(千葉)を33-7で降し、初戦を突破した。試合開始直後にトライを奪われ先制を許したが、前半10分、13分に立て続けにトライを奪って逆転。その後も得点を重ね、好発進した。3回戦は1月1日午前10時半から、新潟工(新潟)と対戦する。【木下翔太郎】

 ▽2回戦

流経大柏 反10

 1 1 0 0  7 0 0 0 0  0  7

 T G P D  前 T G P D  後  計

 3 1 0 0 17 2 0 2 0 16 33

桐蔭学園 反4

 桐蔭学園は初戦から実力校・流経大柏との対戦となった。前回大会まで9年連続シードで、今大会1回戦では高松北(香川)を95対0で圧倒し、勢いに乗る。藤原秀之監督(48)は試合前日、「難しい試合になる」と警戒していた。

 その言葉通り、前半2分に流経大柏にトライを奪われるなどしていきなり7点を追う展開に。それでもNO8の山本龍亮主将(3年)が「強いプレッシャーをかけられて、先制されることも予想していた」と振り返るように、選手たちに動揺はなかった。

 落ち着いて低いタックルを連発し、反撃の機会をうかがうと、前半10分、ゴール前22メートルのラックから山本主将が抜け出し、そのまま右中間にトライ。立て続けに13分には、30メートルの中央ラックからパスをつなぎ、最後は山口航貴選手(3年)が右隅にトライを奪って逆転に成功した。連続トライで流れをつかむと、その後も斉藤大朗選手(3年)のトライなどで追加点を挙げ、17-7で前半を折り返した。

 後半も原田衛選手(2年)や大木魁選手(3年)がトライを奪うなど着実に得点を重ねた。11月の県大会決勝後、砂のグラウンドを走り抜く「V字ラン」を100本走って培ったスタミナで最後まで走り抜き、相手の攻撃を振り切った。

 3回戦の相手は新潟工(新潟)。山本主将は「自分たちがやることは変わらない。しっかり準備していきたい」と力強く話した。【木下翔太郎】

「マークされても抜く」 桐蔭学園・3年 斉藤大朗選手

 前半28分、スタンドオフ山田雅也選手(3年)から自陣でパスを受けると一気に加速した。「前が空いていたので、思い切って走った」と50メートル以上を独走。花園の観客がどよめく中、追いすがる相手選手を次々振り切り、腕を突き上げながらトライを奪った。粘る流経大柏を突き放す貴重な追加点となった。

 前回大会もセンターとしてスタメンを務めたが、決勝で東海大仰星に敗れた。「前回の決勝は自分のミスで負けたと思っている。悔しい思いを今大会に全てぶつけたい」と話す。今大会も厳しいマークが予想されるが、「マークされても抜いてやるという気持ちがある」と意気込む。

 一方で、「周りの選手を使いながら、自分を生かしていけるようになってきた」と振り返る。この日も、相手選手に体をぶつけて裏でパスを回し、トライに結びつけるなど周りを生かすプレーを見せ、チームの快勝につなげた。

 目標の全国制覇に向け、負けられない試合が続く。「きょう良かったところはそのまま持ち帰り、悪かったところは修正して挑みたい」と、すぐに前を見据えていた。【木下翔太郎】

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。