全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

尾道、勝利へ全力サポート 学生コーチの吉岡さん、高岡さん きょう2回戦、奈良・御所実と /広島

(2016/12/30 14:43)

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)で2年ぶりに初戦突破した県代表の尾道。戦術確認や練習の補助を2人の3年生部員が支えている。学生コーチの吉岡宏貴さんと高岡拓海さんだ。けがで選手を断念し、裏方に回った。30日の御所実(奈良)戦はスタッフとしてベンチに入り、ともに勝利を目指す。

 「もっとディフェンス寄せろ」「運動量少ないぞ」。チームが大阪市内で最終調整した29日、練習中のグラウンドに吉岡さんの大きな声が響いた。休憩時間には高岡さんが選手の体をマッサージし、疲労回復に努めた。

 2人は主にCTBを務めていたが、吉岡さんは両足首にけがが重なり4月から、高岡さんは右膝を痛めて11月に転身。「プレーしたい気持ちもあってすごく悩んだが、チームへの貢献を考えて決断した」と吉岡さん。高岡さんは「チームを強くするため、(選手には)厳しく接することを意識している」と話す。

 2回戦に向け、吉岡さんは「相手を圧倒して、絶対に勝つ」。高岡さんは「全てを出し切ってほしい。そのために全力でサポートする」と力を込める。WTB沖洸成選手(3年)は「守備陣形などは2人と一緒に作り上げた。最大限の成果で喜びを分かち合いたい」と話した。

 2回戦は30日午後2時半、東大阪市の花園ラグビー場第1グラウンドでキックオフ。【真下信幸】

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。