全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

舞鶴「最高の状態」 きょう初戦、相手は茨城・茗渓学園 /大分

(2016/12/28 16:54)

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。県代表の大分舞鶴(31年連続55回目)の選手たちは聖地に足を踏み入れ、初戦に向けて気持ちを高めた。舞鶴は28日午後1時55分から、茨城県代表・茗渓学園(5年連続22回目)と対戦する。

 開会式は小雨の中、全国の予選を勝ち抜いた51校が参加。黒のジャージー姿の舞鶴は、中尾泰星主将(3年)が優勝旗を掲げ、一糸乱れぬ行進で入場した。中川盛夫監督は「選手たちは最高の状態。早く試合をさせてやりたい。前半は我慢して後半で勝負。ロースコアに持ち込みたい」と意気込んだ。

 また、開幕試合に先立って行われたU18女子15人制ラグビーの東西対抗戦に、臼杵高の増井葵さん(3年)が西軍のメンバーとして出場。試合は西軍が敗れたが、増井さんは縦横無尽に走って力強くプレーし、「とても楽しかった。舞鶴には圧勝してほしい」と話した。【安部志帆子】

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。