全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

長崎北陽台、5トライ好発進 /長崎

(2016/12/28 16:49)

 東大阪市花園ラグビー場で27日開幕した第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)で、県代表の長崎北陽台は同日の1回戦で札幌山の手(南北海道)と対戦。31-10で快勝し、好発進を切った。2回戦は30日午前11時半キックオフで、深谷(埼玉)とぶつかる。【今野悠貴】

 ▽1回戦

長崎北 31 12-5 10 札幌山陽台の手

       19-5

 長崎北陽台は序盤、体格で勝る札幌山の手に押し込まれたが、堅い守備で相手の攻撃を封じた。前半8分には左中間のゴール前でSO岡崎航大主将(3年)がロングキックしたボールをWTB沖村圭介選手(同)が右隅でキャッチし、そのままトライして先制。直後にもモールで押し込み追加点を挙げた。その後、札幌山の手に1トライを返されたが、12-5で折り返した。

 後半も長崎北陽台はフォワード、バックス一体となった攻撃でゲームを支配。後半8分、PKからSH本山永士選手(2年)が単独突進しトライ。15分にもパスをつないでHO古本旺大選手(3年)が余裕のトライを挙げ、点差を広げた。

 長崎北陽台は多彩な攻撃で計5トライ。札幌山の手を圧倒した。

〔長崎版〕

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。