全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

開会式 松山聖陵、堂々と行進 きょう、山形中央と初戦 /愛媛

(2016/12/28 15:13)

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕した第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)の開会式で、39大会ぶり2回目の出場を果たした県代表の松山聖陵の選手たちは堂々と入場行進した。

 開会式には各地の予選を勝ち抜いた51校が参加。松山聖陵の校名がアナウンスされると、県予選の優勝旗を持った三好優作主将(3年)を先頭に、白と紫紺のユニホーム姿の選手たちは元気よく腕を振って行進した。

 選手たちは25日に大阪入り。練習では初戦の相手、山形中央(山形)の県予選決勝の試合をビデオで何度も見て研究したり、選手同士でミーティングを繰り返したりし、細かいプレーの確認や士気を高め合ってきた。

 開会式後、三好主将は「自身のラグビー人生で初の花園ですが緊張はなく、楽しみ。力を全て出し、1試合1試合勝ち上がっていきたい」と闘志を燃やした。

 山形中央との初戦は28日午後2時、同ラグビー場第2グラウンドでキックオフ。【木島諒子】

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。