全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

開会式 仙台育英、堂々と行進 きょう初戦 「勝ち進む」気合十分 /宮城

(2016/12/28 11:32)

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕した。

 同日開会式があり、県代表の仙台育英の選手たちは、プラカードを持った宮本夢里亜(ゆりあ)マネジャー(3年)と県予選の優勝旗を持った小林壮史主将(3年)を先頭に登場。高校ラグビーの聖地・花園の芝生を踏みしめながら堂々と行進した。

 3回目の花園となる小林主将は「何回来ても新鮮。ここに来ることができてうれしい」と充実した表情。初戦の対戦相手・若狭東(福井)の選手たちと対面した小林主将は「顔を見てより一層やる気が出た。自分たちのやってきたことを出し切れば良い勝負ができる」。村上陽平副主将(3年)は「若狭東はプレッシャーをかけてくるのが早い。テンポ良くボールをさばきたい。勝ち進んで、花園で正月を迎えたい」と気合十分だった。

 26日夜、丹野博太(ひろたか)監督からメンバー発表があり、3年生15人全員がメンバーに入った。宮本マネジャーは「すごくうれしい。ベスト8に勝ち上がってほしい」と笑顔で話していた。

 1回戦は28日午前11時15分から。【真田祐里】

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。