全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

きょう開幕 航空石川、奈良で最終調整 OB参加し激励 /石川

(2016/12/27 15:21)

 東大阪市花園ラグビー場を会場とする第96回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)の開幕を27日に控え、県代表・日本航空石川の選手が26日、奈良県天理市の天理大白川グラウンドで練習に汗を流した。

 この日は航空石川で主将を務め、現在天理大ラグビー部に所属する3年のフィシプナ・トゥイアキさん(21)と、NO8として活躍した2年のファウルア・マキシさん(19)が練習に参加。2人は「プレッシャー、プレッシャー」「もっと声を出して」と後輩たちを励ましながら約2時間半、芝生を駆け回った。

 航空石川卒業後、天理大に進む選手は多く、全国大会前にはOBが練習に顔を出すのが恒例となっている。

 トゥイアキさんは「今年はアタックやボールの動かし方がいい」と評価。高校最後の花園で2回戦敗退したマキシさんは「シード校を倒し、勝ち進んでほしい」と期待していた。【道岡美波】

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。