全国高校ラグビー大会 HANAZONO LIVE

  • Twitter:@RugbyMBS

新潟工きょう初戦 開会式直後 8強目指し闘志 /新潟

(2016/12/27 12:37)

 第96回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビー協会、毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。県勢の新潟工は、開会式直後の同日正午から行われる1回戦で鹿児島実業(鹿児島)と対戦する。3年連続の初戦突破、そして38年ぶりの8強入りを目指し、選手らは闘志を燃やしている。

 新潟工は13年連続、県内最多41回目の花園出場。先月5日の県大会決勝では、強力なFW陣を武器に新発田を50-12で圧倒した。樋口猛監督は「『チーム力』で勝った大会だった」と振り返る。今年のFW陣は、伝統の強靱(きょうじん)さに加え、身軽さも兼ね備えているといい、花園でもFWを軸に、ボールを動かすラグビーで勝利を目指す。

 県大会では準決勝で負傷し、決勝はベンチから見守った小林大也主将(3年)は「自分が不在の中でも、メンバーたちがしっかり勝ってくれた。(30日の)2回戦を突破して、花園で正月を迎えたい」と意気込んだ。【後藤結有】

高校ラグビーニュース

PR

Twitter

応援メッセージ

Twitter・インスタグラムともにハッシュタグ「#高校ラグビー」応援メッセージを投稿してください。