セレッソ大阪20周年記念特別番組
いざブラジルへ 香川・清武・柿谷~背番号8を背負った男たち~



2014年6月6日(金)深夜0:50
見どころ
森島寛晃、香川真司、清武弘嗣、柿谷曜一朗・・・サッカーファンならずとも知っている錚々たるプレイヤーたちだが、彼らの共通点をご存知だろうか。それは、セレッソ大阪の背番号「8」を背負ったこと。いまやこの番号は、セレッソのエースナンバーというだけでなく、世界へと羽ばたく番号として伝説になりつつある。
番組では、サッカーボールとともに世界を旅し、サッカー界にも広い人脈を持つアーティスト、ナオト・インティライミをナビゲーターに迎えて、「背番号8」の継承者たちの「今」の物語を、スポーツドキュメントのオムニバスで綴る。
内容
■世界のビッククラブへの扉を開いた男 香川真司(25歳)
 世界屈指のビッグクラブ・マンチェスターユナイテッドでの苦悩、日本のエース・香川真司の今とは? 代表決定直後の香川に、ナオトが迫る。
■セレッソ大阪 20年の軌跡
 セレッソ大阪のチーム20年の軌跡を、元祖8番、「ミスターセレッソ」こと森島寛晃とナオト・インティライミが振り返る。
■ロンドン五輪のエースから世界へ 清武弘嗣(24歳)
 ドイツでの生活を訪ね、見えてくる清武の世界での戦いとは?
■セレッソが生んだ天才・柿谷曜一朗(24歳)
 現在、セレッソの8番を背負う柿谷が、ワールドカップを前に今思うことを、ミスターセレッソ・森島が聞く。
出演者
ナビゲーター:ナオト・インティライミ(アーティスト)
初代8番:森島寛晃(インタビュアー)

香川真司(マンチェスターユナイテッド:イングランド)
清武弘嗣(ニュルンベルク:ドイツ)
柿谷曜一朗(セレッソ大阪)