お釈迦様のお骨をまつった舎利殿「金閣」が特に有名なため、金閣寺とよばれていますが、 正しくは「鹿苑寺(ろくおんじ)」と言い、臨済宗相国寺派の禅寺です。 (1994年、世界文化遺産に登録されました。) この地は、鎌倉時代に西園寺公経(さいおんじきんつね)の別荘北山第が在りましたが、 足利3代将軍義満が大変気に入り、応永4年(1397年)に西園寺家から譲り受け、 山荘北山殿を造りました。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現したと言われ、 後小松天皇(一休禅師の父)をお招きしたり、又、中国(明国)との貿易を盛んにして文化の 発展に貢献した所で、この時代の文化を特に北山文化と言います。  義満の死後、遺言通り夢窓国師(むそうこくし)を開山(初代の住職)とし義満の法号鹿苑院 殿から二字をとり、鹿苑寺と名づけられました。


2層と3層は、漆の上から純金の箔が張ってあり、屋根は椹(さわら)の薄い板を何枚も重ねた杮葺で、 上には中国でめでたい鳥といわれる鳳凰が輝いています。1層は寝殿造で法水院(ほうすいいん)、 2層は武家造で潮音洞(ちょうおんどう)とよばれています。3層は、中国風の禅宗仏殿造で究竟頂 (くっきょうちょう)とよばれ、三つの様式を見事に調和させた室町時代の代表的な建物と言えます。  昭和62年(1987年)秋、漆の塗替や金箔の張替、更に天井画と義満像の復元を行いました。 又、平成15年(2003年)春、屋根の葺替を行いました。


金閣の前にある鏡湖池(きょうこち)を中心とし、葦原(あしわら)島(じま)など大小の島々や、当時の諸大名が きそって石を献納してその名が付けられた畠山石や赤松石・細川石などの名石が配されています。 西の衣笠山を借景としたこの庭園は室町時代の代表的な池(ち)泉(せん)回遊式(かいゆうしき)庭園で、 国の特別史跡及び特別名勝に指定されています。  方丈の北側には京都三松の一つで舟の形をした「陸(りく)舟(しゅう)の松」があり、義満が自分で植えたと 言われています。金閣の後を進むと、義満がお茶の水に使ったと伝えられる「銀河(ぎんが)泉(せん)」、 手を清めた「巌下水(がんかすい)」があり、その次の「龍門(りゅうもん)の滝(たき)」は、鯉が滝を登ると 龍になると言われる中国の故事「登(とう)龍門(りゅうもん)」に因(ちな)んだ「鯉魚(りぎょ)石(せき)」 が置かれています。「安民沢(あんみんたく)」は昔からある池の名前で、中の島には「白蛇の塚」があります。

音舞台シリーズは、様々な日本文化の発祥となり、また長い歴史のなかで日本人の心の“よりどころ”としてあり続けたお寺、そ の中でも日本を代表 する名刹と言われるお寺に“舞台”を設え、「東洋と西洋の出会い」をテーマにした音楽企画です。 1989年に 「金閣寺」で始まったこのシリーズは、「泉涌寺」「三千院」「清水寺」「平等院」「東寺」「延暦寺」「醍醐寺」「大覚寺」「二条城」「法隆寺」「萬福寺」「薬師寺」「仁和寺」「東福寺」「唐招提寺」「東大寺」「西本願寺」と続き、いずれも日本屈指の名刹を“幻の劇場”にした 一夜 限りの夢の舞台を実現してきました。音舞台では、この特別な空間でしか実現できないスケール感と本物だけがもつ迫真の力を 最大限に見せる 舞台作りを目指し、オリジナル且つ斬新で人々の心に強く 残るステージをお届けします。


ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
井上八千代(京舞井上流五世家元)
クセーニャ・シドロワ(アコーディオン)
サラ・オレイン(ヴォーカル)

市村正親(俳優)  ほか


金谷かほり


NAOTO

観覧募集!ペア100組(200名)ご招待!
金閣寺で行われます「金閣寺音舞台」に、
抽選でペア100組(200名)をご招待 します。

郵便はがきに名前、年齢、住所、電話番号、お持ちの方はメールアドレスを明記の上、
以下までお送りください。
〒531-0072 大阪市北区豊崎2-7-9-101
金閣寺音舞台公演事務局

[応募の締め切り]
8月20日(日) 消印有効
※ご招待券の発送をもって当選者の発表とさせていただきます。

名前、年齢、住所、電話番号、メールアドレスを明記の上、フォームよりご応募ください。

※応募はお一人様1回のみとなります。
※応募フォームでの申し込みの際、項目欄に一つでも空欄がある場合は受付が出来ません。

[応募の締め切り]
8月20日(日) 12:00
※ご招待券の発送をもって当選者の発表とさせていただきます。

金閣寺音舞台公演事務局 TEL 06(6371)9157 平日午前11時~午後6時
主催:京都仏教会 鹿苑寺 MBS 後援:京都新聞 協賛:大和証券グループ 協力:日本航空 題字:鹿苑寺 住職 有馬頼底

トップへ戻る