≪関西のニュース

死体遺棄で広島の男を逮捕 奈良で不明の30代女性か

更新:10/12 19:49

 広島県の民家に遺体を遺棄したとして、警察は外食チェーンの店長の男を逮捕しました。奈良県の30代の女性が行方不明になっていて、警察はこの女性の遺体とみて調べています。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、広島県福山市に住む外食チェーンの店長・染井俊一容疑者(37)です。警察によりますと、染井容疑者は今月4日ごろから11日までの間に、広島県呉市の親戚の民家に遺体を遺棄した疑いがもたれています。奈良県内に住む30代の女性が行方不明になっていて、警察が捜査したところ染井容疑者が4日の朝に大和郡山市内でこの女性と会っていたことがわかりました。そして11日、広島市内で染井容疑者を発見し、事情を聞いたところ遺体が見つかりました。

 染井容疑者はおととしまで奈良県内の店舗に勤めていて、女性とは知り合いだったということです。取り調べに対し染井容疑者は容疑を認めているということで、警察は遺体の身元の特定や事件のいきさつを調べています。

最近の関西ニュース