≪関西のニュース

回転繰り返すと転倒の恐れ、液晶テレビ「ビエラ」リコール

更新:09/13 20:04

 パナソニックは液晶テレビ「ビエラ」が転倒するおそれがあり、事故の可能性があるとして合わせて11万3000台余りをリコールすると発表しました。

 リコール対象は液晶テレビ「ビエラ」で2011年12月から13年6月に輸入・製造した42型から55型までの4品番合わせて11万3462台です。パナソニックによりますと、今年3月、スタンドのネジがはずれてテレビの本体が転倒し、当時1歳だった幼児にあたる事案が発生。けがはなかったということですが、同様の転倒による修理が他に11件あったことがわかりました。

 原因を調査したところ、テレビの回転動作を繰り返すことによって、据え置きスタンドの中の樹脂部分が削れ、ネジの緩みやがたつき、転倒につながる可能性があるということです。

 問い合わせなどの対応はフリーダイヤルで0120‐878‐590、パナソニックは対象商品について部品交換を無料で行うとしています。

最近の関西ニュース