≪関西のニュース

法廷逃走男に懲役3年10か月

更新:04/21 12:05

 去年9月、窃盗事件の裁判中に法廷から裸足で逃走した33歳の男について、神戸地裁姫路支部は懲役3年10か月を言い渡しました。

 判決によりますと、住所不定・無職の清水佑記被告(33)は去年9月、換金目的でDVDを万引きするなど5件の窃盗事件で裁判を受けていた際、神戸地裁姫路支部の法廷から裸足で逃走し、さらに逃げるために靴1足や自転車などを盗みました。21日、法廷では逃走を防ぐために清水被告を通常より多い10人の刑務官が囲みました。

 判決で神戸地裁姫路支部は「窃盗の常習性は顕著であり、逃走で多数の警察官が出動するなど社会に及ぼした影響は大きい」として、清水被告に懲役3年10か月を言い渡しました。

最近の関西ニュース