≪関西のニュース

山中で発見遺体 右肩を後ろから刺されたか

更新:01/11 20:21

 10日、和歌山県田辺市の山の中で男性の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、死因は右肩を刺されたことによる出血性ショックとみられることがわかりました。

 10日午前11時半ごろ、田辺市の龍神村柳瀬で清掃活動をしていた地元の中学生らがブルーシートにくるまれた男性の遺体を見つけ、警察に通報しました。司法解剖の結果、男性は先月末に死亡し、死因は右肩を後ろから刺されたことによる出血性ショックとみられることがわかり、警察は11日、殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置しました。

 男性は身長約171センチの中肉で、髪は短髪、年齢は40歳から60歳くらいとみられ、長そでのTシャツに黒のジャージ姿だったということです。

 身元のわかる所持品はありませんでしたが、右手に木製のブレスレッド、左手に腕時計をつけていたということで、警察が情報提供を呼びかけ身元の特定を急いでいます。

最近の関西ニュース