原田篤さんインタビュー


ヒロイン羽純の幼なじみで羽純に想いを寄せる浩志。が、羽純の気持ちは義理の兄・明に。複雑な気持ちを抱える木田浩志を演じる原田篤さんにお話をお伺いしました。

―原田さんから見た浩志はどんな印象ですか?
「まっすぐに羽純が好きで、まっすぐなゆえにまわりに翻弄されてしまう男ですね。でも描かれていない部分が多いので、それをどうしようかと思って。1週目は浩志のキャラクター作りで過ぎていきました。でも撮影前に本読みと稽古で浩志についてまわりといろいろと話し合えたのがよかったですね。いいテンションで撮影に入れました。僕は撮影に入る前の時間が大切だと思うんです。役者はその役だけを考えているのですが、全体の中で浩志という役を見ることが出来ました」

―浩志との共通点はありますか?
「そうですね。たぶん、1回決めたらやり通そうとするまっすぐなところかな?でも僕は慎重といえば慎重な方。全体を見ようとしてしまうので、よく、『まわりに気を使っているでしょう』って言われます。結婚してから周りをより考えるようになって・・・考えることが増えたような(笑)でも逆にいい意味で考えられるようになったと思うんですよ」(奥さまは皆さまご存知、女優のAさんです)

―原田さんから見て、国分さんが演じる羽純は?
「無心なすごく好きになれるキャラクターに羽純を演じてくれていると思います。成長していくにつれても何年たっても、守ってやりたいと思わせるような羽純に見せている。役作りがとても素晴らしいと思いました」

―明役の村上さんとは「仮面ライダー」の共演もあって、仲がいいんですね。
「(明に)おまえ、ちゃんとしゃべれよ〜気持ちをちゃんと出せよ〜美学に酔っているんじゃないよ〜(笑)っていつも突っ込んでます。村上君は心配性なんですよ。役者はシーンとの戦いなんで、全体の中で判断されればいいと思う。失敗したと思っていても、監督のOKが出れば勝ち。でも彼は考え過ぎてしまうタイプなんですよ」

―今回は神戸ロケも多かったんですが、神戸の印象はいかがでしたか?
「活気があっていい街だと思いました。これまで仕事で寄るくらいでしたが、今回のロケで神戸の魅力がわかるような気がしました。古い部分もいいところを残していて、それと新しいものとの調和がありますね」

―原田さんはスタジオの中で、音声マイクに猫のマネをしてじゃれついたり、テンション高いですよね。
「ははは…あれは音声部とのコミュニケーションで。スタジオで役者のテンションが落ちると全体のテンションも下がるので、どのタイミングでスタジオに入っても高いテンションでいられるようにしたいと。でも、この頃、ちょっと喋りすぎかな〜とも思うんですけど・・・でも、僕がいないと、メールで『今日は寂しかった』とか『誰かいないと思ったら、篤君だった』と言われたり、僕が出演してない現場から『盛り上げに来てくれ〜』と言われたり。暗い時にはぜひ呼んでください」

―今回の舞台はアパレル業界なんですが、原田さんもファッションには興味ありそうですね。
「実は来年アパレルブランドを立ち上げようと画策しています。『TOBIDASE』という名前でTシャツが中心。デザイン、素材、色とかを自分で選んだオリジナルなものを作ります。まだ日本で使われていない素材とかも使う予定です」

―まるで、華菜ブランドみたいですね
「いずれはライフスタイル提案型のブランドにして行きたいと思っているんです」

今年、3年ぶりのライブも行なうという原田さん。「30歳までは余力のある限り、可能性のあるものは何にでも挑戦してみたい」とか。すごく気ぃ使いで、すごくアクティブな俳優さんです。

原田篤さんホームページはこちら → http://www.tobidase365.com/


各ページに掲載の記事・写真の一切の転用を禁じます。すべての著作権は毎日放送に帰属します。
Copyright© 2004-2005, Mainichi Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.