毎日放送グループ・コンプライアンス憲章

2008年1月30日

私たち毎日放送グループは、放送やイベントを通じ、世の中の動きを正確にわかりやすく伝えること、そして人々と感動や楽しみをわかちあうことを目的にスタートしました。地域に根ざす企業グループとして、地域社会に貢献し、地域から全国、世界へ良質の情報を発信し続けます。これらのことを日々実践するうえで、私たちは、放送が国民の財産である電波を使っているという認識に立ち、自らを律していかなければなりません。そこで、私たちはこのコンプライアンス憲章を制定しました。すべての役員・従業員がグループの一員であることを自覚し、憲章を理解し、遵守することを宣言します。

【放送の使命と責任】

私たちは、放送の公共性と、報道機関としての使命と責任を自覚し、公共の福祉と社会の利益に貢献し、視聴者やリスナーのゆるぎない信頼を得るよう努めます。

【取引先等との健全な関係】

私たちは、独占禁止法、下請法など関係法令を守り、公正、透明、自由な取引を行います。

【情報の適正な取扱い】

私たちは、情報を適正に取扱います。

【企業の社会的責任】

私たちは、企業としての社会的責任を自覚して行動し、豊かで平和な社会の実現、地球環境の保全に努めます。

【健全な職場環境】

私たちは、ものづくりに携わる者として、互いの役割を理解し、健全で自由闊達な職場環境を維持するよう努めます。

【公私のけじめ】

私たちは、会社の職務や地位、財産を私的利益のために利用しません。

※この憲章を一人一人が自らのものとするために、常に次の「心得」を意識し、行動します。

  1. うそをついたり、だましたりしていないか
  2. 他人を傷つけていないか
  3. 相手が嫌がることを必要以上に強いていないか
  4. 同じことを自分にされたらどう思うか
  5. 誰に話しても恥ずかしくなく、理解してもらえるか
  6. 自分だけは特別だと思っていないか
  7. 自分がしなくても誰かがやってくれると思っていないか