MBS 毎日放送

飯豊まりえ×武田玲奈
ドラマ初主演!
航海士を目指して奮闘する
青春船舶コメディ

舞台は、外航船員を目指す者が通うある大学の実習船。男が8割という環境の中、1年生の坂本真鈴と石川燕が、新入生最初の試練である1か月間の「乗船実習」に参加し、厳しい訓練メニューや想像を絶する船酔いに立ち向かいながら、仲間の男子学生とともに奮闘する!
主人公を演じるのは、共に連ドラマ初主演となる飯豊まりえ武田玲奈。モデル・女優として映画・ドラマ・ファッション誌・漫画誌グラビア・・・などなど多くのメディアで絶大な人気を誇る19歳が、ダブル主演で女性航海士候補生役に挑戦する!
飯豊が演じる真鈴は、小学生の時に豪華客船を見て船の虜になり、自分で動かしたいと思うようになった・・・というガチの船舶大好き女子。周りの空気が読めない超天然な性格で、度々トラブルを巻き起こすが、叱られても決して挫けずに航海士を目指すまっすぐなキャラクターだ。
一方、武田が演じる燕はある事情で1浪して商船大に入学したが、自ら望んで入ったわけではなく、後悔の真っ最中。ムードに流されやすい性格で、後で思いっきり後悔することもしばしば。乗船実習で真鈴に出会い、振り回されながらも影響を受けていく・・・という設定だ。性格も考え方も違う二人が同じ班、同じ部屋で1か月過ごすことで、どのようなドラマが展開するのか・・・男だらけの船の上でコミカル&キュートに奮闘する飯豊&武田コンビにご注目!


飯豊まりえ
(坂本真鈴 役)

今回初めて主演を務めさせて頂くことに心からの感謝と同時に、大きな責任を感じています。
まだまだ勉強不足である“航海士”という世界や職業をしっかりと学び、ドラマをよりリアルな世界観で、W主演の武田玲奈ちゃんとも息を合わせ、切磋琢磨し、より良い作品に出来ればと思っています。
絶対に良い作品になるので、楽しみにしていてください。


武田玲奈
(石川燕 役)

初めて主演としてドラマに出演させていただくことを嬉しく思います。そして、飯豊さんと撮影でご一緒したいと思っていたので、すごくワクワクしています。
キャストのみなさん、スタッフのみなさんと力を合わせて、良い作品になるよう頑張ります!!
ぜひたくさんの方に観ていただきたいですし、航海士のお仕事の魅力をドラマを通して知っていたけたら嬉しいです!!

坂本真鈴

飯豊まりえ

石川燕

武田玲奈


八木大和

桜田通

鳴海新太

勇翔

木暮健介

井澤勇貴

山田翔太郎

池本啓太


関根啓司

岡田浩暉

藤原茜

岩井堂聖子

林田洋之介

温水洋一

横山和也

堀部圭亮


:監督:
井口昇 坂下雄一郎

:脚本:アサダアツシ

:主題歌:
「帆を上げろ!」BOYS AND MEN
(ユニバーサル ミュージック Virgin Music)

:制作プロダクション:
ダブ

:協力:
J-CREWプロジェクト

:製作:
「マジで航海してます。」製作委員会・MBS

第1話
マジで航海したい女
VS
マジで後悔してる女


船舶職員の養成を行う関東商船大学と神戸海南大学の合同による『練習船実習』の日がやってきた。商船大学に入学したことを今も後悔中の石川燕(武田玲奈)は重い気分で参加。そこで、自分とは正反対の「海大好き!船大好き!航海士になりたい!」の坂本真鈴(飯豊まりえ)と出会い、初日から真鈴の巻き起こす騒動に振り回される。さらに同じ班になった八木大和(桜田通)、鳴海新太(勇翔)、木暮健介(井澤勇貴)、山田翔太郎(池本啓太)とも衝突し、波乱の船出となる。

MBS:7月2日放送/TBS:7月4日放送

第2話
船酔い大ピンチ!
吐くべきか、我慢すべきか、
それが重要です!!


練習船実習では船の操縦をはじめ実際の航海士の仕事を体験する。大はしゃぎな真鈴とは対照的に燕は暗い表情。航海に出たら必ず襲ってくる『船酔い』を心配しているのだ。そんな燕を見て、真鈴は絶対に船酔いしない呪文を彼女に伝授する。信用してなかった燕だったが、海が荒れ始め、次々と仲間たちが船酔いしていく中、真鈴に教えられた呪文を呟くと、不思議と我慢出来る。しかし、大自然の猛威の前では呪文も次第に効果が薄れていく。

MBS:7月9日放送/TBS:7月11日放送

第3話
ロープ結びは縁結び!?
真鈴があいつと…


船乗りにとって必須の『ロープワーク』の授業が行われる。意外に器用な燕とは正反対に真鈴は異常なまで不器用なことが判明。簡単な結び方にも四苦八苦状態。そんな真鈴を見かねて燕は個人レッスンをしてあげる。しかし、それが思わぬトラブルを招いてしまい横山士官(堀部圭亮)に叱られる。燕に代わって真鈴のコーチに任命された新太。相性最悪の二人の間に、「信頼」という絆を結ぶことが出来るだろうか。

MBS:7月16日放送/TBS:7月18日放送

第4話
私、今日で船降りる!
と燕が壊れた日


待望の上陸休暇。真鈴たちの班は健介の勝手な行動が原因で、一時は上陸を禁止されたが、一等航海士の藤原(岩井堂聖子)のおかげで許可される。数週間ぶりに船から降りた真鈴たちは大はしゃぎ。しかし、燕だけは浮かない顔。それもそのはず。格好が船内作業着のままだから。恥ずかしさに耐えられなくなった燕は真鈴を連れて古着屋に飛び込む。そこで、燕は自分の運命を変えたある男性と再会。激しく動揺した燕は「今日で船を降りる!」と言い出す。

MBS:7月23日放送/TBS:7月25日放送

第5話
最大のピンチ!
こんな終わり方ってアリですか!?


練習船実習もそろそろ終わりが近づいてくる。真鈴と燕は今では親友と呼べる仲に。そんなある日、雷に遭遇。稲光に思わずうずくまってしまう真鈴。「真鈴にも苦手なものがあるんだね」と笑う燕だったが、真鈴の怯えた表情を見て只事ではない気配を感じ取る。この雷をきっかけに、真鈴の中でこれまで抑えてきた本当の自分が蘇る。そして、真鈴と燕に最大のピンチが訪れる。

MBS:7月30日放送/TBS:8月1日放送