■大本山 東福寺
東福寺は山号を慧日(えにち)山といい、臨済宗東福寺派の大本山として750年の法統を連綿と伝える一大本山で京都五山の一つに数えられ、370余ヶ寺を統括して信仰の中心となっています。東山を背景に国宝三門を始め重要文化財に指定されている大伽藍が甍をならべ、その壮観は古くから東福寺の伽藍面と云われるほどです。
MBSキーワード:■第19回 JAL 音舞台"東福寺"(2006/10/1)  ■美の京都遺産



■川崎秀典、京都を撮る眼
「京都」という場所はどこを指すのかという議論があります。それだけでも京都という場所の奥深さを感じることができます。京都を本当に知るには五感(時には霊感も)で感じる必要があるのですが、僕は五感の中で目という感覚に適性があるようなので写真を通して京都を発信したいと思っています。
京都は、日本海側には美しい海と山の風景があり、また懐かしい日本の農村風景が残っています。また京都市周辺には数百と言われる社寺と庭園が集中してありこれらは四季毎に異なる風景を見せてくれます。歴史的にも、平安京以前の渡来人の時代から現代まで、街のあちらこちらに史跡を見ることができます。文化となると、祭、伝統工芸、茶、生け花、踊り、そして花街(かがい)と舞妓・・もう日本文化の縮図のような場所です。
僕が京都を撮る理由、それは無尽蔵の撮影対象が驚きと興奮を与え続けてくれるからに他なりません。
記:川崎秀典 

■川崎秀典プロフィール
会社勤めのかたわら精力的に京都を撮影し発信している。多くの書籍やポスターなどに魅力的な写真を提供。
大型バイクにカメラ機材を乗っけて京都の風景や祭を追っている。
MBS京都見聞録の毎月のヘッダー写真も川崎氏の撮影による。

ただ今MBSモバイルでは、色とりどりの京都を待ち受けとしてお楽しみいただけます。


当ホームページのすべての著作権は毎日放送に帰属します。記事・写真の一切の転用を禁じます。 Copyright©1995-2012, Mainichi Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.