京都 町家 徒然散歩


かつて応仁の乱に山名宗全が陣をかまえたことから発した西陣。織物の町として栄えたこの町も、着物離れ・職人の高齢化などから少しずつ過疎化が進んでいました。そんな中、1995年に"ネットワーク西陣"という組織が発足しました。空き町家や空き工場の有効活用を促進する事が目的のグループでした。その活動をきっかけに、多くのアーティスト達が職住一体の機能(LIVE & WORK)を持った町家に興味を示し入居を始めました。その数は130件以上にも至り、彼らの作品展が開催されました。その活動はやがてニューヨーク州ピークスキル市との交流に発展し、現在は住民レベルでの国際交流にまで至っています。
その活動の火付け役となったのが、佐野充照さんと、その相棒のフリーカメラマン小針剛さんでした。
佐野充照さんに、それらの活動を通して入居したアーティストの活動やエピソード、町の風景などを織り交ぜて、お話を聞いていきたいと思います。

 第3回『鍾馗(しょうき)さんとはそもそも何者?』


鍾馗さんについての説明文を挿入しておこう。


 中国の唐の皇帝である玄宗皇帝が病の床に伏していた。夢の中で、楊貴妃の宝物を盗もうとした小鬼が鍾馗に退治された。その夢から醒めて、皇帝は、病気が全快したので、鍾馗のおかげだと感じた。鍾馗は、皇帝に仕える役人であったが、すでに死去しており、夢の中で皇帝を守ったことから、皇帝は、鍾馗を神として祀ったのである。ここに、病気平癒・財産保全・盗難除け・家内安全の信仰が成立した。

京都においては、江戸中期ごろ、金持ちが自分の家を建てた時に、屋根に鬼瓦を設置した。すると向かいの家の娘が原因不明の病にかかって、どうしても治らない。陰陽師に観てもらったところ、向かいの鬼瓦によって跳ね返された厄災が娘に降りかかっているとのこと。鬼瓦に対抗して、中国の魔除けである鍾馗を祀って、睨み返しをしなければならないと。

その影響か、現在も立派な鬼瓦を据えた神社仏閣の向かいや、道の突き当たりなどの家に多く見られる、という代物。代物といっては失礼、神様である。その鍾馗さんが奉納されるということは、すなわち、古い家が解体されるということで、『新しい家には、似つかわしくない』古い過去の信仰の遺物として厄介者になっているということである。

鍾馗さんというもの、たしかに小さい時から、屋根の上にあることは知っていたが、当たり前と思っていたし、それをどこで購入するのかとか、いつから鎮座しているのかとか、ある家とない家もあるが、その違いもなにも気にならなかった。そこに突然、鍾馗さんの登場である。俄然、興味が湧いてくる。

凝り性なものだから、住宅地図とカメラを両手に、自転車にまたがって、上京区をチェックし出した。

カメラ片手にシャッターを切るのだが、他人様の家にレンズを向けるとなると、不審に思われることも度々。2階から見下ろす家人に

「あのぅ、鍾馗さん撮してるんですけど、いいですか?」

と声を掛けると、

「なんですか?ショウキ(・・・・)さん?そんなものありましたっけ?」

という答えが帰ってくることもしばしば。

「昔からあるけど、鍾馗さんていうの?!」

と初めて疑問が解けたような人もいる。

そこで解説をひとしきりして、感心されることが多い。昔、流行った信仰だとはいえ、どうしてこんなに廃れてしまったのだろう。神がその座を奪われるというか、神の地位から不思議なもの、妖怪に堕ちて行く過程をみているような感じがした。

普通は、新たな信仰に席巻された旧宗教の神々が、新たな信仰の神々の僕(しもべ)として、あるいは眷属として、位の低い地位で取り込まれてゆくものだが、鍾馗さんの場合は、布袋さんと同様、そういう形跡もないのに、ライフスタイルの変化によって、地位を失っている。そして、調査の結果は、上京区に約1000体ほど残っているということ。ある所には集中してあり、ないとなれば、全然見あたらない通りもある。

案外、京都人でも鍾馗さんを知らない人が多いのも新発見であったし、どこで購入したらいいのか、そういう情報が不足しているということもわかった。今でこそ、京都本に登場する鍾馗さんだが、当時は、取り上げる人も珍しかったのである。
記:佐野充照

■佐野充照(さの じゅうしょう)
法華宗僧侶。本門法華宗妙蓮寺塔頭円常院住職。
住職の仕事をするかたわら、「町家倶楽部ネットワーク」の代表としても京都の町家
を活用していく取り組みをおこなっている。

人と人、人とモノ、人とまちを結ぶ仲人「町家倶楽部ネットワーク」
http://www.machiya.or.jp


当ホームページのすべての著作権は毎日放送に帰属します。記事・写真の一切の転用を禁じます。 Copyright©1995-2012, Mainichi Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.