2017年11月12日放送

藤田 倭

女子ソフトボール選手

女子ソフトボール界の次世代エース!大谷翔平も顔負けの“驚異の2刀流“が挑む東京オリンピックへの道

打っても投げてもまさに“規格外”
昨年のソフトボール日本リーグで“最多勝・本塁打王・打点王”の3冠に輝き、最高選手殊勲賞を獲得、『驚異の二刀流』『ソフトボール界の大谷翔平』と大注目されているのが日本代表のピッチャー藤田倭だ。
2008年の北京五輪では、エース上野由岐子を筆頭に、最大のライバルアメリカに見事勝ち初の金メダルを獲得した日本代表。その快挙に日本中が沸き、涙した。あれから9年。正式競技への復活が決まった東京五輪で再び金メダルを獲るために、次世代エースとして藤田の肩にかかる期待は大きい。
ピッチングもバッティングもとにかく豪快。身長165センチと、ピッチャーとしては小柄だが、大きく前に足を踏み出し力を爆発させるようなパワフルな投球で最速111km/hの球を投げ込む。
番組では、東京五輪に向けて走り出した藤田の今シーズンに密着。日本中どこの試合でもバスで移動するソフトボール選手の知られざる生活や、日本代表として最大のライバルアメリカと戦う姿などを追った。
その中で見えてきたのは、藤田の前に君臨する日本の絶対的エース上野由岐子の存在だ。上野に憧れ、尊敬し、でも超えなければならないと語る藤田…。日本の真のエースとなるために今、“覚悟”を背負った26歳の姿をカメラが追った。

プロフィール

藤田 倭

藤田 倭

1990年大阪生まれ。5歳の時に兄の影響でソフトボールを始める。佐賀女子高等学校時代は1年で高校総体で優勝、2年、3年では国体でエースとして2連覇に貢献。卒業後太陽誘電に入社。3年目から頭角を表し、2012年に日本代表に初選出。昨年「最多勝・本塁打王・打点王」の3冠に輝き、最高選手殊勲賞を獲得。名前の「倭」は「日本を背負う人に」という意味が込められているとか。物凄い気迫と集中力で試合中などは一見、気難しそうに見えるが、ディレクター曰く「実はいたずら好きでお茶目」な26歳。


担当スタッフ

演出:小木曽由衣
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:姜ハナ・嶋田佳代子
音効:中嶋尊史
編集:金子数生
制作協力:ジャンプコーポレーション
プロデューサー:福岡元啓・中村卓也・芦田政和

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ