2017年09月03日放送

佐々木圭一

コピーライター

115万部のベストセラー「伝え方が9割」著者が明かす“残りの1割”って何?

リアルな対話だけでなく、SNSを通じていつでもどこでも他人と手軽にコミュニケーションが取れてしまう現代。果たして自分の発信の仕方や内容が正しいのかどうか悩む場面が増えたからこそ、人はついこの本を手にとってしまうのだろう。
シリーズ累計115万部のベストセラーを記録した「伝え方が9割」。“上手なデートの誘い方”や“相手の胸に刺さるコトバの作り方”といった日々の生活で役立つ「伝え方のコツ」が満載で、家庭や職場ですぐに使える実用性が大きな反響を呼んでいる。
著者の佐々木圭一はコピーライターが本業で、今や売れっ子として第一線で活躍するが実は幼少期から人とのコミュニケーションが大の苦手。学生時代の唯一の友達は「初代ファミコン」で、人と話すよりも機械を触る方が楽という理由から大学では機械工学を専攻しロボットの研究に打ち込んできたという筋金入りだ。
そんな自分を変えたいと一念発起して広告代理店に就職するが、コピーを書いてもボツばかり…膨大な時間と試行錯誤の中である時ふと「伝え方の法則性」に行き着いたという。
番組では、最小限のコトバで最大限のメッセージを伝えるコピーライターの仕事の舞台裏に密着!“苦手な上司との付き合い方”や“子どもに嫌いな食べ物を食べてもらう方法”など日々を効率よく進めるためのヒントを私生活の中から紡ぎ出していく佐々木を追った。更に、“伝え方が9割”ならば“残りの1割”には一体何が隠されているのか?人と人との関係において最も大切なものは何なのか…そこには、佐々木が本当に伝えたい“コミュニケーションのレシピ”が隠されていた。

プロフィール

佐々木圭一

佐々木圭一

1972年、神奈川県生まれ。幼少期から父の仕事の影響で転校を繰り返し、転校先でその土地の方言が喋れなかった事などから人とのコミュニケーションが苦手に。上智大学理工学部機械工学科に進学。同大学院を修了後、博報堂に入社。コピーライターとなるが中々芽出ず、書いても書いてもボツにされる事から当時付けられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」(紙のムダということ)。そんな日々の中で書き溜めた言葉の数々に法則性があることを発見。2013年に著書「伝え方が9割」が大ベストセラーになる。2014年独立し、現在は自身が代表を務める「ウゴカス」代表として広告制作だけでなくTV出演や講演など活躍の場を広げている。趣味はトライアスロン。周囲からは「伝え方のプロ」と思われがちだが、わんぱくな5歳と2歳の娘が言う事を聞いてくれないと悩む一面も…。44歳。


担当スタッフ

演出:深田聖介
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:宮澤信也
音効:早船麻季
制作協力:オルタスジャパン
プロデューサー:福岡元啓・申成晧

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ