2017年01月22日放送

磯田道史

歴史学者

映画「武士の家計簿」「殿、利息でござる!」原作者で“平成の司馬遼太郎”の異名をとる超人気歴史学者に密着!新たなるテーマは・・・「忍者」!?

江戸時代末期の古文書を読み解き、下級武士たちを“特権階級”に居る存在としてではなく薄給で実務に終われる“サラリーマン”として描いた「武士の家計簿」をはじめ、歴史学者としての研究の中から幕末維新の時代に生きた人々に肉薄する作品を次々と発表している磯田道史。深い時代考察を元に徹底した生活者の視点で激動期の人物を魅力的に描き出す手腕が高く評価され“平成の司馬遼太郎”と呼ばれる46歳だ。
講演は勿論テレビや新聞などあらゆるメディアで引っ張りだこの磯田だが、いま最も熱心に取り組んでいるのが“忍者”の研究だ。戦国時代、覇権争いを繰り返していた大名たちにとって欠くことのできない存在であった忍者の様子を丹念に調べ、その知られざる生活実態を伝えることは、果たして現代社会に何をもたらすのか。
「歴史とは、過去と現在のキャッチボールである」と語る異能の歴史学者の仕事にかける思いや、博覧強記ぶりの秘密に迫る。

プロフィール

磯田道史

磯田道史

1970年岡山生まれ。実家が鴨方藩重臣の家系だったことから、幼い頃より古文書に興味を持つ。2002年慶応義塾大学大学院博士課程修了。静岡文化芸術大学教授を経て、現在 国際日本文化研究センター(京都市)准教授。ベストセラーとなった「武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新」で2003年新潮ドキュメント賞受賞。他に「天災から日本史を読みなおす」「徳川がつくった先進国日本」など著書多数。京都市在住の46歳、2児の父。


担当スタッフ

演出:大島新
ナレーター:窪田等
撮影:水上智重子・桜田仁
音効:中嶋尊史
編集:宮島亜紀
制作協力:ネツゲン
プロデューサー:福岡元啓・神野敬久

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ