2016年02月21日放送

岩田雅裕

フリーランス医師

収入は勤務医時代の5分の1・・55歳医師が“金”も“地位”も捨てて選んだものとはー。

カンボジア・シェムリアップ。開発が進み町は目まぐるしく変化していく一方で、人々の生活は苦しく平均月収は1万円に満たない。世界有数の貧しい国として知られるこの国で、無償で治療や手術などの医療活動を続けているのがフリーランス医師の岩田雅裕だ。
きっかけは、2000年。日本の総合病院で口腔外科部長として勤務していた岩田は知人と共にカンボジアの小児病院を訪れた。そこで見たのはベッド数が極端に不足し検査機器も充分にない、屋外で診察が行われることもあるという過酷な現実・・。「放っておけない」と強く感じた岩田は日本で勤務医を続ける傍ら、年に数回カンボジアで無償で手術をする生活を始める。やがてラオスやミャンマーなど周辺国からも声がかかり、勤務医との掛け持ちに限界を感じた岩田は2013年、フリーランスに転身した。
現在は、活動資金を稼ぐため日本国内の8つの病院で手術や診察を行っているが、収入は一時勤務医時代の5分の1に減った。貯金や退職金も全て食いつぶした。でも活動はやめない。番組では、日本と東南アジアを行き来する岩田の疾風怒濤の日々密着。50歳を過ぎてから、安定を捨ててフリーランスという道を選んだ岩田を突き動かすものは一体何なのだろうか?「活動は人生そのもの」と話す岩田の姿を追った。

プロフィール

岩田雅裕

岩田雅裕

1960年、兵庫県尼崎市生まれ。顎顔面口腔外科医。大阪府内の総合病院で口腔外科部長を勤めた後2013年フリーランスに転身。現在は依頼を受けた病院での診察や手術の傍ら、月の内1週間は東南アジアへ足を運び、通算3000件以上の手術を無償で行ってきた。活動は個人でしていて渡航費から滞在費まで全て自費で賄う。妻と2人暮らしで趣味はロードバイク。服装がカジュアル過ぎて「現地の病院内で警備員から静止される事もある」と笑う55歳。


担当スタッフ

演出:高田裕介
構成:増永達治
ナレーター:窪田等
撮影:草薙晃久
音効:中嶋尊史
編集:三宅立馬
制作協力:MBS
プロデューサー:福岡元啓・山本園弥・池崎光恭

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ