2015年08月02日放送

河瀬直美

映画作家

映画作家・河瀬直美…カンヌで愛された彼女の素顔とは!?

日本よりカンヌで愛されてきた映画作家・河瀬直美。劇場デビュー作となった『萌の朱雀』で第50回カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少の27歳で受賞した。その後『殯の森』で最高賞パルムドールに次ぐグランプリ(審査員特別大賞)を獲得。現在公開中の『あん』も「ある視点」部門のオープニング作品として招待された。
この『あん』で多くの日本人をも感動させる監督へと変化し始めた河瀬。とことんまで妥協を許さない作品づくりへの姿勢から、役者やスタッフの間では毀誉褒貶相半ばする評価を受けている。だが、生まれ故郷で活動の拠点でもある奈良で番組が向き合った河瀬は、地に足のついた至極まっとうな女性だった…。
自ら社長を務める制作会社は、社員5人を抱え、20年間つぶれることなくやってきた。奈良にいる時はでき得る限り小学5年生の息子のために時間を割き、田んぼと畑を借り、自然の中で地元の子どもたちと一緒に作物づくりに勤しんだりもしている。番組では、カンヌの華やかな舞台や映画職人的なイメージとは異なる、彼女の素顔に迫った。

プロフィール

河瀬直美

河瀬直美

奈良県生まれ。自主映画「につつまれて」「かたつもり」が、1995年山形国際ドキュメンタリー映画祭はじめ国内外で注目を集める。1997年劇場映画デビュー作「萌の朱雀」で、カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少受賞。2007年「殯の森」で、最高賞パルムドールに次ぐグランプリ(審査員特別大賞)を受賞。2009年には、カンヌ国際映画祭に貢献した監督に贈られる「黄金の馬車賞」を受賞し、2013年には日本人監督として初めて審査員を務める。2015年フランス芸術文化勲章「シュヴァリエ」を受章。映画監督の他、CM演出、エッセイ執筆などジャンルにこだわらず表現活動を続けている。


担当スタッフ

演出:中井聖満
構成:田代裕・重乃康紀
ナレーター:窪田等
撮影:井戸裕一・井手口大騎ダグラス
音効:矢部公英
編集:大竹真利
制作協力:ホリプロ
プロデューサー:福岡元啓・藤原努

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ