2014年10月19日放送

高澤義明

料理人

世界中の大富豪から予約が殺到する、東京・赤坂の隠れ家レストランの料理人・高澤義明に密着。

 東京・赤坂の路地裏にひっそりと佇むレストラン「TAKAZAWA」。隠れ家のようなこの店のわずか10席を求めて今、欧米、アジアの大富豪や王族、セレブ、美食家、トップレストランのシェフたちなど、世界中から予約メールが殺到する。そんな現象を引き起こしているのが、この店のオーナシェフ、高澤義明だ。
 高澤がこの地に店を開いて9年。日本の伝統的な食材を大切にしながらも、和食やフレンチなどジャンルを越えた技と自由な発想で“タカザワ料理”を創り続けてきた。アメリカの高級グルメ雑誌で「人生を変える世界のトップレストラン10」のひとつに選出され、また、CNNをはじめ海外のTV局がこぞって取材するなど、高澤は日本国外での評価が先行する異色の存在となっている。
その高澤がこの秋、世界の富裕層をターゲットにする雑誌「Robb Report(ロブリポート)」が主催する「世界の若手料理人トップ5」という晩餐会イベントに招聘され、ニューヨークに飛んだ。自ら足を運び探し出した現地のオーガニック食材と、日本の極上食材を使う高澤。果たして、アメリカの美食家たちをうならせることは出来たのか。生き馬の目を抜く世界のグルメ界最前線を疾走する、天才シェフの3か月を追った。

プロフィール

高澤義明

高澤義明

1976年2月4日東京生まれ。 料理人の家系に育ち、幼いころから料理に触れる。18歳から調理師学校に通い、卒業後はさまざまなジャンルのレストランで働く。2005年、赤坂に「ARONIA DE TAKAZAWA」を妻・明子とともにオープン。2012年更なる飛躍をめざして、店名を「TAKAZAWA」に変えてリニューアル。 ドーハのリッツカートンホテル、東京のペニシュラホテル、フランスのオーベルジュバスクホテルなど世界の名だたるホテルからゲストシェフとして呼ばれる。「World Best Restaurants アジア2014年 トップ50」に選出される。英国サンデータイムズやガーディアン、ニューヨークタイムズなど欧米やシンガポール、台湾、タイなど各国のTV局がこぞって特集を組み、世界のメディア取材が殺到する。グルメの都・東京で今いちばん注目される料理人。


担当スタッフ

演出:増永達治
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
音効:中嶋尊史
制作協力:SEPIC
プロデューサー:福岡元啓・山本園弥

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ