2014年07月20日放送

尾上松也

歌舞伎俳優

この男、すこぶるモテる!今もっとも旬な歌舞伎俳優・尾上松也、29歳の本性とは?

今もっとも旬な歌舞伎俳優・尾上松也、29歳。6月のコクーン歌舞伎『三人吉三』で、中村勘九郎、中村七之助と並んで大役に抜擢。劇場は“お坊吉三”を熱演する松也の姿を見ようと若い女性であふれ、立ち見客も出るほどの盛況ぶりだった。
20歳のときに父・松助が他界し、後ろ盾を無くした彼は残された一門を背負って立つ必要があった。「このままでは歌舞伎界から取り残される」と考えた松也は、2009年に歌舞伎自主公演『挑む』を立ち上げた。歌舞伎の道をまい進する一方で、ドラマやミュージカルなどにもチャンスがあれば挑んできた。
番組はそんな松也に密着し、コクーン歌舞伎の裏側や、自らプロデュースする『ハナガタミ』の役作りで悩む姿、そしてプライベートを追った。取材で見えてきた素顔は、パンツ一丁でもお構いなし、隠すことを一切しない「オープンな男」。「松也さんはモテますか?」こんな質問にも笑いながら答えてくれる、旬な男の本性に迫る。

プロフィール

尾上松也

尾上松也

1985年1月30日東京生まれ。 六代目尾上松助の長男。1990年5月、歌舞伎座「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の鶴千代役にて二代目尾上松也の名で初舞台を踏む。「義経千本桜」源九郎判官義経、「仮名手本忠臣蔵」顔世御前などを演じているほか、2013年の新春浅草歌舞伎で「寿曽我対面」曽我五郎に抜擢され荒事に体当たりで挑戦。 また、2013年ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」のベンヴォーリオ役など歌舞伎以外の作品にも積極的に挑んでいる。


担当スタッフ

演出:堀越俊
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:桜田仁・野崎克幸・遠藤美彦
音効:増子彰
編集:中嶋辰郎
制作協力:コンパス
プロデューサー:福岡元啓・於保佐由紀

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ