2013年03月17日放送

笠原将弘

料理人

予約の取れない大人気料理店「賛否両論」店主に密着!走り続けて来た料理人が直面した妻の病・・。

 手ごろな値段で旬の素晴らしい創作和食が食べられるとして大人気の笠原の店。「最高の味を最高のタイミングで」出すために、材料の目利きからメニューの研究・客の接客まで万事手を抜かず、一方で日本料理の普及のためにと20冊以上の料理本を出版。“若き和の巨匠”としてテレビや雑誌にひっぱりだこの人気料理人となった。寝る間も惜しんでがむしゃらに走り続けてきた笠原だが、昨年9月、妻をガンで亡くすという辛い現実に直面した。3人の子どもの父親でありながら、これまで家族を省みる余裕がなかった自分の生き様は果たして正しかったのか?深い迷いを胸に抱きながらも厨房に向かう料理人の姿をカメラが追った。

プロフィール

笠原将弘

笠原将弘

1972年東京出身。高校卒業後『正月屋吉兆』で修行したが28歳の時に父が亡くなり実家の焼き鳥店『とり将』を継ぐ。3年後、『とり将』が30周年を迎えたのを機に、東京・恵比寿に『賛否両論』をオープンさせる。店名には「万人に好かれなくても良い、自分の料理とやり方を認めてくれる人が来てくれれば・・」という思いをこめた。妻のエリカさんとは料亭での修行時代に知り合い結婚、3児の父。


担当スタッフ

演出:野村正人
構成:長南武
ナレーター:窪田等
撮影:三浦貴広
音効:小関孝宏
編集:長南武
制作協力:ジッピー・プロダクション
プロデューサー:福岡元啓・本橋由美子

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ