毎日放送(MBS)



2013年01月13日放送

井山裕太

囲碁棋士

“天才”の名を欲しいままにする23歳若手棋士の強さの秘密とアタマの中・・。

 囲碁界の頂点に立つ23歳。12歳でプロ棋士デビューして、20歳の時には史上最年少で「名人」を獲得。数々の最年少記録を塗り替え“天才棋士”の名を欲しいままにしてきた男だ。番組では、井山が史上二人目の五冠同時獲得をかけて挑んだ王座戦に完全密着。これまで幾度となく井山の行く手に立ちはだかってきた最強のライバル張栩との「天下分け目の決戦」の結末とは・・。
 更に、プライベートでは2012年5月、将棋棋士の室田伊緒と結婚したばかりの井山。「囲碁は感覚で打つから楽しい」と語る井山だが、自宅では果たしてどんな姿を見せているのだろうか。新世代の天才棋士の素顔に迫る。

プロフィール

井山裕太

井山裕太

1989年大阪出身。5歳の時に父親が買ってきたゲームで囲碁を始め、わずか数か月で父親は息子に歯が立たなくなる。6歳でテレビ番組「ミニ碁一番勝負」に出演し解説者の石井邦生九段の目に留まり、指導を受けることに。中学1年生でプロ棋士となった後は次々と勝利をおさめ16歳で史上初となる四段から七段への飛び級昇進を果たす。その後も数々のタイトルを手にし、囲碁ブームの牽引役として注目される23歳。ディレクター曰く「“日本一の囲碁棋士”でも、実際にお話するとほどよく力の抜けた“脱力・草食系”の23歳です」


担当スタッフ

演出:藤井浩
構成:藤原昭彦
ナレーター:窪田等
撮影:上村朋浩
音効:丸山善之
編集:天野衛
制作協力:東北新社
プロデューサー:福岡元啓・坂部康二・斎藤充崇

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

jounetsuをフォローしましょう

ページトップへ