2012年10月21日放送

原ゆたか

児童書作家

子供なら誰もが知ってる『かいけつゾロリ』累計3200万部を超える人気シリーズの秘密とは・・?

 キツネの主人公「ゾロリ」と子分の双子イノシシ「イシシ・ノシシ」が修行の旅をしながら行く先々で活躍するストーリーの児童書『かいけつゾロリ』、1987年にシリーズ第一作が発表されて以来25年間で累計発行部数は3200万部を超える大人気作品だ。読み出したら最後までやめられなくなる緻密な工夫や、何度も読みたくなる仕掛けが散りばめられ、本が嫌いだった子供でも『かいけつゾロリ』だけは読むと言わしめるストーリーテラーが著者の原ゆたかだ。本人は「永遠に小学生の気持ちでいたい」と、外出時は必ずゲーム機を持参し、ガチャポン大好き、いつも周囲をキョロキョロしながら「面白いこと」を探すちょっと変わった59歳だ。
 番組では、12月に発売される『かいけつゾロリ』新作誕生の舞台裏に密着。原の溢れ出さんばかりのアイディアの数々が本になっていく様子は圧巻・・いくつになっても「子供の自分」を持ち続ける原の魅力に迫る。

プロフィール

原ゆたか

原ゆたか

1953年熊本県生まれ。1974年、KFSコンテスト・講談社児童図書部門賞受賞。1987年にスタートした『かいけつゾロリ』シリーズは現在に至るまで年に2冊のペースで新作を書き続けている。他にも『よわむしおばけ』シリーズなど多数の人気作品があり、小学生から熱狂的な支持を集めている59歳。妻も同じく絵本作家の原京子。


担当スタッフ

構成:稲原誠
ナレーター:窪田等
撮影:水上智重子・中林清一
音効:早船麻季
制作協力:テレビマンユニオン
プロデューサー:福岡元啓・東考育

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ