2012年09月02日放送

大木聖子

地震学者

巨大地震はやってくるのか?世界が注目する若き女性地震学者の怒涛の日々に密着!

 日本でマグニチュード9の超巨大地震は起きない。あの日まで、地震学者の誰もがそう信じて来た。東京大学地震研究所の大木もその一人だった。彼女は地震学の中で最先端の研究や情報を社会に広く伝える『アウトリーチ』と呼ばれる分野のスペシャリスト。だが、想定を遥かに超えた東日本大震災の被害を目の当たりにして学問の限界を感じ、自責の念にもかられたと言う。あれから1年半―、首都直下地震がささやかれる中、「出来ない事に幻想を抱かせるのはやめ、出来ることをしよう」と決意した大木は、学会で“科学万能への反省”を率直に主張し、各国の科学者から注目を集める存在に。
 番組では東北の被災地になんども足を運び、イタリアの学会で発表する姿や、日本各地の学校や官公庁での講演活動を続ける日々に密着。33歳、世界の研究者から注目を集める異色の女性地震学者の激動の半年に独占密着した。

プロフィール

大木聖子

大木聖子

1978年東京生まれ。東京大学地震研究所助教。高校一年生の時に起きた阪神・淡路大震災を機に地震学を志す。2001年北海道大学理学部地球惑星科学科卒業、2006年東京大学大学院理学系研究科にて博士号を取得後、カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリプス海洋学研究所にて日本学術振興会海外特別研究員。2008年4月より現職。主な著書に、『超巨大地震に迫る−日本列島で何が起きているのか』『地球の声に耳をすませて』


担当スタッフ

演出:増永達治
ナレーター:窪田等
音効:小西香葉
編集:芦垣均
制作協力:SEPIC
プロデューサー:福岡元啓・山本園弥

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ