毎日放送(MBS)



2012年05月27日放送

竹下佳江・木村沙織

全日本女子バレーボール代表

“ニッポンの二本柱”女子バレー・竹下佳江&木村沙織を追った五輪最終予選緊急企画!

 およそ9年、二人で「ニッポン」を背負ってコートに立ち続けてきた。セッターの竹下佳江とエースの木村沙織。2010年世界バレー3位、2011年ワールドカップ4位と着実に実績を積み上げ、今回のオリンピックでもメダル獲得が大いに期待される「火の鳥NIPPON」34歳の竹下にとってはおそらくこれが最後のオリンピック挑戦となる。小柄ながらも眼光鋭くコートに「ニラミ」をきかせ続けてきた司令塔の竹下が「最後にボールをあげられるのはサオリ」と絶大な信頼を寄せるエース、木村。年齢は9つも違うし、プライベートで親しく付き合っているワケでも無い。それでも、2人で背負い続けてきたモノが確かに、ある。
番組では現在、ロンドン五輪世界最終予選を闘っている彼女たちを同時に追う異例の「二人情熱大陸」を敢行!いつもとは少し違った角度から「ニッポンの二本柱」をお伝えする。

プロフィール

竹下佳江・木村沙織

竹下佳江・木村沙織

竹下佳江:1978年福岡県生まれ。小学生でバレーを始め1997年に全日本代表初選出。2005年からは全日本代表キャプテンに。2009年キャプテンを荒木に託し、コーチ兼選手となる。現在JTマーヴェラス所属。愛称は「テン」
木村沙織:1986年埼玉県生まれ。小学生でバレーをはじめ、中学からは名門、成徳学園中学校へ。2003年春高バレー優勝、2004年アテネ五輪に出場し「スーパー女子高生」の呼び名でブレイク。身長185センチ。攻守に秀でた「天才」とされる。現在プレミアリーグ東レアローズ所属。趣味は部屋の掃除で、愛称は「サオリ」


担当スタッフ

演出:木越健太
構成:長南武
ナレーター:窪田等
撮影:北原敏郎
音効:久坂惠紹
編集:大川義弘
制作協力:MBS
プロデューサー:福岡元啓

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

jounetsuをフォローしましょう

ページトップへ