2012年01月22日放送

長友佑都

プロサッカー選手

世界一のサイドバックへ!名門インテルで活躍する長友のイタリア私生活から、伝統の一戦「ミラノ・ダービー」まで完全密着。

 ちょうど1年前、イタリアの名門サッカーチーム「インテル・ミラノ」に電撃移籍した長友。これまでにも多くの日本人選手がイタリアに挑戦したが、この男ほどビッグクラブでレギュラーを張り続けている選手もいないだろう。愛媛の田舎町で生まれ、女手一つで育ててくれた母や厳しくも熱い指導をしてくれた恩師のもとでサッカーに打ち込んだ少年時代。幾多の困難を明るいキャラクターで乗り越えた学生時代を経て、今や名実共に日本サッカー界の「顔」となった長友。その軌跡を振り返ると共に、カメラはイタリアに渡ってからの1年半に密着した。
 本人曰く「ミラノの銀座」に位置する自宅マンションも初公開。ミラノ市街を一望する2LDKでトイレは3つ・・イタリアに渡って僅か1年、長友の「シンデレラストーリー」を物語るシーンだ。だが、一方で「常勝」を義務付けられたチームの選手としてのプレッシャーは大きい。今季スタートダッシュに失敗したインテル選手への街の人の風当たりは厳しく、取材中、人目を避けて裏路地を歩き回る姿も・・。
 そして16日(日本時間)のセリエA伝統の一戦「ACミランvsインテル」の『ミラノダービー』の模様もお伝えする。世界一のサイドバックを目指す長友は、103年の歴史を持つ重要なダービーマッチで果たしてどんなプレーを見せたのだろうか?

プロフィール

長友佑都

長友佑都

1986年愛媛県生まれ。強靭なスタミナと爆発的なスピードを誇るDF。明治大学在学中にFC東京とプロ契約を結び、2010年の南アフリカW杯、2011年のアジアカップ全試合にフル出場し日本の勝利に大きく貢献した。2011年、イタリアのインテル・ミラノに移籍後も活躍を続け、ゴール後の『お辞儀パフォーマンス』が代名詞になった25歳。


担当スタッフ

演出:平田匡
構成:長南武・藤原昭彦
ナレーター:窪田等
撮影:小山久志
音効:荒川誠人
編集:天野衛
制作協力:TBS
プロデューサー:福岡元啓、佐藤慶太

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ