2011年08月28日放送

林綾野

キュレーター

300年の時を経て、フェルメールの名画に秘められた“レシピ”が蘇る!「美術作品」を「食」の観点で切り取る女性キュレーターに密着

 ゴッホ・ピカソ・モネ・フェルメール・・・名画に秘められたメッセージを読み解き、人々に伝える『伝道師』になりたいと語る気鋭のキュレーター。日本では余り知られていない職業だが、専門的な美術の知識を元に展覧会の企画・運営全般を担当する仕事で、アーティストと社会の架け橋的な存在として欧米では非常に認知度が高い。
 林の名前が注目され始めたのは名画の中にある“料理”をリアルに再現したレシピ本の執筆だ。ゴッホの絵に描かれたタマネギから、当時彼が食べたかもしれないスープのレシピを考案し、フェルメールの名画『牛乳を注ぐ女』に描かれた材料の数々から、絵の中の女性がその先に作ったであろう“あるお菓子”を蘇らせる。
 また、現在京都で開かれている「フェルメールからのラブレター」展にもPR担当として関わっている林。修復後、世界初公開となった名作『手紙を読む青衣の女』をアピールしようと、オリジナルのアイディアを出し始める・・。
 芸術の秋を目前に、これまでとはちょっと違った目線で美術館を訪ねたくなるドキュメンタリーだ。

プロフィール

林綾野

林綾野

1975年神奈川県生まれ。出版社や美術館での学芸員を経てフリーのキュレーターに。展覧会や美術書の企画、執筆を手がける36歳。美術を語り出すと止まらず、取材スタッフを前に平気で3時間喋り続け・・なんて事も。楚々とした美貌を持つが、編集者曰く「キレイだけどオタクなのよねぇ」


担当スタッフ

演出:萩生田宏治
構成:田代裕・重乃康紀
ナレーター:窪田等
撮影:佐藤寛・守谷恵美子
小平智紀
音効:磯川浩己
制作協力:ホリプロ
プロデューサー:福岡元啓、藤原努

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ