2011年04月03日放送

小島慶子

ラジオパーソナリティ

東日本大震災で「ラジオの女王」小島慶子(38歳)が語ったこと

 2010年、アナウンサーとして15年を過ごしたTBSを退社しフリーとなった。「局アナ」時代、つまらない時は退屈そうな顔をし納得が行かないときは憮然とした顔をした小島は、スタッフからは「使いづらい」と敬遠され、視聴者からは「感じが悪い」と言われた。だが、歯に衣着せぬその物言いがラジオの世界で評判となり、彼女がパーソナリティーを努める番組は開始後わずか半年で同時間帯の聴取率ナンバー1を獲得。今や『ラジオの女王』と呼ばれるようになった。
 東日本大震災発生の3日後、ヘルメットを被って生放送をスタートさせた小島の怒涛の1週間に完全密着。余震への恐怖や家族への想いを抱えながらもラジオの現場で小島が取り続けた行動とは?38歳の「女王」の等身大の姿と人気の秘密。更には「ラジオ」の可能性を探る30分だ。

プロフィール

小島慶子

小島慶子

1972年オーストラリア生まれ。商社に勤務する父のもと幼少期を海外で過ごす。95年TBSにアナウンサーとして入社し2010年6月に退社。7歳・5歳の息子を持つ母でもある。性格は取材スタッフ曰く「実はとっても真面目な方です」


担当スタッフ

演出:梛木泰西
構成:野村安史
ナレーター:窪田等
撮影:堂本昌宏、石井健一、森山弘喜、山本佳奈子
音効:片野正美
編集:宮島亜紀
制作協力:テレビマンユニオン
プロデューサー:福岡元啓、梛木泰西、津田環

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ