2010年07月25日放送

植村花菜

シンガーソングライター

1曲の長さは9分52秒!『トイレの神様』は何故泣けるのか?美人シンガーソングライターの「素顔」と「後悔の記憶」に迫る。

 今年初めからラジオを中心に口コミで人気が広がり「今、最も泣ける歌」と言われる『トイレの神様』。27歳のシンガーソングライター・植村花菜が亡き祖母への感謝の気持ちを温かな関西弁で歌った一曲だ。9分52秒という異例の長さだが、私小説のような歌詞とシンプルなメロディが一度聞くと頭から離れない。番組では兵庫県川西市出身の植村が「トイレの神様」を契機として急速にスターへの階段を駆け上っていく様子に密着!天真爛漫な歌姫の素顔と、その笑顔に秘められた「ある後悔の記憶」に迫る。

担当スタッフ

演出:橋本佐与子
構成:稲原誠
ナレーター:窪田等
撮影:富田宗孝
音効:中嶋尊史
制作協力:毎日放送
プロデューサー:上野大介

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

Instagram

ページトップへ