2010年03月21日放送

菊池京子

スタイリスト

時代を映し出すカリスマスタイリスト・菊池京子(44)

 日本の30代女性から絶大な支持を得ている人気スタイリスト・菊池京子。数々の女性ファッション誌で卓越したコーディネートセンスを発揮し、「菊池が薦める服は必ず売れる」と言われるカリスマスタイリストだ。ベーシックな服を絶妙なバランスで組み合わせる彼女の手腕は業界内でも評価が高く、去年出版したコーディネートの解説本はこのジャンルでは異例の2万5千部の大ヒットを記録している。
番組では、数々の『完売伝説』を持つ彼女の日本・イタリアでの仕事やライフスタイルに密着!本来、裏方であるはずのスタイリストが一体何故こんなにも注目されているのだろうか?そこには、情報が溢れる現代日本で“本当に素敵なモノ”を見つけ出すヒントが隠されていた!

プロフィール

菊池京子

菊池京子


担当スタッフ

演出:坂部康二
構成:稲原誠
ナレーター:窪田等
撮影:土岐泰也
音効:井田栄司
制作協力:東北新社
プロデューサー:松井奈緒子、上野大介

情熱語録

(日本の女性にどうなって欲しい?)
やっぱり、素敵になってほしい。
笑顔でいてほしい。

今日、自分の好きなコーディネート出来たなって思っただけで、
たぶん、すごく行動的になると思うんですよね。
そのきっかけを作れたらなぁ〜って思うんですけど。


スタイリストってのはすぐなれますからね。
「スタイリストです。」って言ったら
そうかもしれないですよね。

ただ、続けていけるかどうかは別ですよね。

(目標は?)
目標は…ナチュラルでいることです。

(それだけですか?)
はい。
…難しいですよね。


例えば、ミュージシャンの方とかは
音楽とかで勇気付けたりとか
パワーを与えたりするとは思うんですけど。
洋服とかで、そういう気持ちとかが
与えられたらいいなぁ〜って思って。


特に、今の時代って
いろんなものが、情報もそうだし、物も溢れているし。
だけど、必要なものってそんなに無くって、
シンプルだからこそ
なんかこう
見えてくるものがあったりするから。

情熱の瞬間

▼スタイリストって(誰でも)すぐなれますからね。ただ…続けていけるかっていったら別ですよね。(23:05)91クリック
▼『置き撮り』とよばれる商品撮影。白いシャツにお気に入りの表情が出るまで、何度も何度も試行錯誤を重ねて、1時間をかけて撮影。(23:16)89クリック
▼選ぶ洋服には物語が隠されている。どういうシチュエーションを想定してこの服を選んだのか。ストーリーを撮影中のモデルに具体的に伝える。(23:24)175クリック

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ