2009年04月26日放送

麻生久美子

女優

 各映画賞の新人賞を総なめにし、一躍脚光を浴びて以来、映画界に欠かせない存在となった麻生。最近では人気ドラマでコミカルな役柄を見事に演じ、ますます演技の幅に広がりを持ったと高い評価を受けている。番組では昨年5月から約1年間に及ぶ長期取材を敢行。映画の撮影現場をはじめ、CM撮影、雑誌取材など仕事の現場はもちろん、彼女が原点と語る幼少時代を過ごした地元・千葉県や、都内で休日を過ごすリラックスした姿も撮影する。そこから見えて来たのは、洗練されたファッション雑誌の表紙を飾る麻生久美子とは異なる一面。女優としての「麻生久美子」の魅力と両面から紹介する。

プロフィール

麻生久美子

麻生久美子


担当スタッフ

演出:茂原雄二
ナレーター:窪田等
撮影:三好保彦、白石雅俊、高野大樹
音効:井田栄司
制作協力:SLOWHAND
プロデューサー:伊豆田知子、上野大介

情熱語録

(女優としてのこだわりは?)
いや、それはね、やるしかないですからね…。
基本全部やらないといけないから、なんでも。
ここはどうしても…みたいなのは
言えない仕事ですよね…なかなか。


(譲れないものって?)byスタッフ
ないです。
ないない。
そんなものは
あってはいけないんですよ、たぶん。


あんまり普段なにも考えてないし
そう言われれば、そうかもっていう
その瞬間に思うぐらい
からっぽなんじゃないかって思って。

(そのからっぽっていうのは恥ずかしいんですか?)
う〜ん、時々恥ずかしく自分を責めるときがあります。
でも、知らないことの素晴らしさとか
そういうのもやっぱりすごく大事で
残しておきたい部分なんだよなって
いうのもあるから。
一人くらいこんなからっぽな人がいても
許してもらえますかね。


いろいろ思い通りにならないことが
結構いっぱいあったんですけど、
それがよかったなぁって、すごい、今、思います。
(どうでしてですか?)
そのぶん夢があったから。


(目指すものは?)
人間的にすごい人になりたいです。
(すごい役者じゃなくてですか?)
すごい役者にも、もちろんなりたいですけど
でも、すごい人間の方がいいです。

情熱の瞬間

┗23:07 リハーサルを重ねるごとにテンションが高まってゆく…(223クリック)
┗23:25 雑誌の撮影にて、一瞬のうちにコケティッシュな表情に(283クリック)
┗23:27「すごい役者にはもちろんなりたいですけど、でもすごい人間のほうがいいです」(824クリック)

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ