2008年08月17日放送

益若つばさ

モデル

 ティーン向け雑誌の「読者モデル」出身。読者モデルとは、プロファッションモデルとは違った、一般人出身のモデルだ。益若も身長150センチ。「限りなく読者に近いモデル」としてのポジションでティーン世代に圧倒的支持を得た。人気絶頂の昨年は、雑誌やブログで身につけたものが大売れし「経済効果は100億円」とも言われた。
 ところが昨年暮れ、妊娠・出産のため活動休止。当分の間は子育てと主婦業に専念しようと決めていたのだが、復帰を望むファンからのラブコールに押されて、今年4月に仕事を再開した。
 益若の人気の秘密は何なのか?まるで人形のようなルックスや、乙女心を掴むファッションセンスももちろんだが、その外見からは意外に思える「堅実さ」が女の子たちの共感を呼んでいるようだ。商店街のある下町で夫と子供と仲睦まじく暮らし、買い物も料理もいたって庶民的。そこには華やかなサクセスストーリーやカリスマのイメージではなく、地道な彼女の生き方がある。
 これまでのカテゴリーに当てはまらないタイプの人気者。番組では、益若の復帰や人気の秘密に迫りながら、そこに透けて見える現代の若い女性たちの願望を浮き彫りにする。

プロフィール

益若つばさ

益若つばさ


担当スタッフ

演出:中村裕
構成:兼上頼正、深見将史
ナレーター:窪田等
撮影:山田康一
音効:井田栄司
制作協力:共同テレビジョン
プロデューサー:松浦拓弥、井口岳洋

情熱語録

オジサンと対決してでも
「こっちはこうなんだよ」っていうのを…。
この感覚を失ったら、この仕事は終わりだな。
感覚がズレちゃったらやってる意味がないと思う。


「金銭感覚は狂いたくない」
っていうのはありますね。
稼げるときもあれば
稼げないときもゼッタイあるから、
「稼げるときが当たり前」
って思っちゃったときの後が怖い。


モデルとしてちゃんと意識して
やっていけないといけないこともあるし、
だけどフツーでいたい気持ちもあるし、
アタシはみんなと一緒だよ、みたいな…。
でも、一緒じゃないところも絶対あるし。
だから「どっちも」って(笑)。

ウソはゼッタイつけない。
ウソがつけないから矛盾が多い。
どちらもホントだから。

情熱の瞬間

┗23:16 商品開発にも自分の意見をはっきりと(137クリック)
┗23:22 復帰のステージに登場して(235クリック)
┗23:27 会場入りした時の普段着のままで今の自分の姿を報告(799クリック)

関連商品

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ