2008年07月20日放送

笹森通彰

料理人

 青森県弘前市に全国から食通が集まるイタリア料理店「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」がある。その店のオーナーシェフが笹森だ。
 作れるものなら何でも自分の手で作る。野菜、果実、ハーブ、そして自宅で飼っている烏骨鶏の卵。パンやパスタはもちろん、チーズや生ハムも全て自家製。さらに今年はブドウを育ててワインを作るつもりだと言う。周辺には、鯵ヶ沢のイノシシやジャージー牛乳、それに青森シャモロックなど津軽の土地の恵みが溢れている。
 子供の頃、自宅の畑で育った採れたての野菜を食べて育った。19歳のときイタリア料理店でバイトをし、料理を面白いと感じた。その後、東京、イタリアでの修行を経て、30歳の時に故郷の弘前へ帰り今の店をオープン。
 2008年。雪深く冷え込む長い冬が終わり、大地が目覚め始める春が過ぎ、緑が色づく夏を迎えた津軽。そこで生み出される誰にも真似することのできない笹森流イタリアン。収穫の盛りを迎える畑仕事に、夏に向けての新作メニューの開発にと忙しい日々を送る笹森を追った。

プロフィール

笹森通彰

笹森通彰


担当スタッフ

演出:竹本有希
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:山崎裕
音効:宮川亮
制作協力:いまじん
プロデューサー:井口岳洋、於保佐由紀、重乃康紀

情熱語録

なんか人にできて自分にできないのは
こと料理に関してはちょっとシャクというか。
畑耕している時点から仕込みですからね。
何ヶ月か、何年か後にお客様に食べていただくために
準備しているようなもんですね。


“日本全国うまいお店”とかで特集してて
最初は北海道があって、そのあと仙台とかも飛ばされて
関東に行っちゃうんですよね。
寂しくて寂しくて。
なんで津軽、無視されるの?っていうのがあって、
絶対、津軽で名を上げてやろうっていうのも
こっちですぐに店を出した理由の一つです。
いやぁもう津軽衆代表っすよ。
だけ、じょっぱりっす(すごい強情ッ張りです)。


たまに雑誌の取材とかで、
「なんでこんな地方とかにお店を出すんですか?出したんですか?」。
ちょっと待てよ、と。
それは津軽に対して相当失礼な質問だよ、と。
心の中で思ってたりして…。
そういうものへの
反骨心というか反発があって
ますます地元を高めていこうという感じで
勝手に一人で意気込んでます。

情熱の瞬間

┗23:11 何でも自作。ブドウ栽培も。いつかはワインも。(98クリック)
┗23:24 新作ラビオリは好評。でも、それが気に入らない。(142クリック)
┗23:26 津軽平野を見下ろす土地を気に入り、ここに店建てても面白いかなぁ(139クリック)

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ