2008年04月27日放送

滝田明日香

獣医

 世界有数の動物王国として知られるマサイマラ国立保護区。滝田が暮らすのは、保護区に隣接するマサイ族が住むサバンナの真ん中だ。ここで滝田は獣医として働いている。とは言えペットや野生動物を相手にするのではなく、マサイ族の家畜が専門だ。
 その症例も実にユニーク。豹に襲われた牛の怪我や、飼い主に間違って矢を刺されてしまった牛の手術など。そんな滝田に対するマサイの人々の信頼は厚い。彼らからマサイネームをもらい「ノーンギシュ=牛好きの女」と呼ばれている。
 かつてこの地は、牛やヤギなどの家畜で生計を立てるマサイ族と野生動物の共存の場だった。しかし欧米の価値観に基づく野生保護政策によって、マサイの人々はサバンナから追いやられた。保護区の外に住むマサイの家畜が野生動物からウィルス感染に脅かされている反面、人間たちに飼われる犬がウィルス感染のベクトルとなり、保護区の肉食獣の命を脅かしているのである。このままでは野生動物が絶滅してしまう恐れもある。
 滝田は今、マサイ族の犬にワクチンを打ち、目に見えないウィルスと闘っている。500平方キロメートルにわたる広大な範囲。野生のように育ち、人に懐いていないマサイの犬。注射一本を打つにも並大抵ではない。
 野生動物とマサイ族、その間で生きる32歳の女性の覚悟を追った。

プロフィール

滝田明日香

滝田明日香


担当スタッフ

演出:小山清悟
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:桜田仁
音効:井田栄司
制作協力:テレビマンユニオン
プロデューサー:井口岳洋、松葉直彦

情熱語録

(マサイの人たちが野生動物に襲われることは?)
うん、ありますよ。
ライオンに食われたり、
ゾウにつぶされたり。
-
そこまで大騒ぎしませんね。
ゾウにつぶされたらしいよ、
へー、ふうん、
可哀想だね・・・って
それぐらいの話で終わって。
-
野生動物に対してマサイほど
寛大な人たちいないから。
それはすごい尊敬しなきゃ
いけないところかな。


(マサイマラのどういうところが好きですか)
惚れてるからわかんない。
見えなくなってる。
好きになっちゃったからしょうがない。


(結婚願望とかは?)
結婚できたらできたでいいと思いますけど、
相手がいないから。
-
(国籍とかは全然かまわないですか?)
日本人が一番楽じゃないですか。
でも、ここの環境で住む日本人なんていますかね(笑)。


日本の獣医さんに見られたら申し訳ないってぐらい
(手術の)縫合、下手なんじゃない(笑)。
下手でも頑張ってやります。
ほかに来る人いないから。
それだけ。

情熱の瞬間

┗23:03 マサイほど野生動物に対して寛大な人たちはいない(72クリック)
┗23:20 でも、ここの環境で住む日本人なんていますかね(笑)(186クリック)
┗23:27 下手でも頑張る。ほかに来る人いないから(272クリック)

関連商品

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ