2008年02月10日放送

福田健二

プロサッカー選手

 現在、スペイン・リーガエスパニョーラ2部のU.D.ラスパルマスに所属するストライカー。
 高校卒業後、Jリーグの名古屋グランパスエイトに入団。ゴールを量産し、日本代表にも選出されるなど華々しい活躍を見せた。ところが2004年に、日本での安定した生活を捨てて南米パラグアイへ。その後メキシコ、スペインと世界中を渡り歩きながら、自分のサッカーを追い求めてきた。
 福田のプレーの魅力は、「闘争心むき出しの激しいプレー」。ゴールへの凄まじい執着は、百戦錬磨の中南米やスペインの選手も舌を巻くほどだ。
 そして今期、番組では、ロナウジーニョ、アンリなど世界のトッププレイヤーたちが活躍する世界最高峰のスペイン1部リーグを目指して奮闘する福田健二に密着した。
 待ち受けていた数々の苦難、そしてプロ選手生活最大の危機。それらを福田はどう乗り越えていったのだろうか?その不器用ながら、潔く美しい生き様に迫る。

プロフィール

福田健二

福田健二


担当スタッフ

演出:山本喜彦
ナレーター:窪田等
撮影:手嶋俊幸
音効:谷口広紀
制作協力:MMJ
プロデューサー:中野伸二、井口岳洋、坂井良美

情熱語録

自分の場合は
大きなスポンサーとかそういうのがないわけで、
ホントに戦力だけで
這い上がってくるっていうか、
ここまで来れてるから・・・。
それは誇りに思っている。



(日本時代を振り返って)
慢心してたと思うよ。
練習もそんなに(しなかった)・・・ねぇ。
「これぐらいやっとけばいいんじゃない」って気持ちは、
たぶんどっかで持っていたと思う。
-
サッカーがメインであるべきだったのに
サッカーがただの仕事みたいになってたのかも知れないね。


(“好きなサッカーで 世界に胸を張れる 選手になって下さい”
と書かれていたお母さんの遺書について)
世界に出るどうのこうのっていうのよりも
サッカーで・・・サッカーと、ともに
生きて行くんだっていうふうに思ったし・・・。
-
サッカーやめるまで
胸は張れないよ。

情熱の瞬間

┗23:16「結果を見せる」とサマランカ戦に途中出場(201クリック)
┗23:22 母の言葉に「サッカーやめるまで胸は張れないよ」(207クリック)
┗23:27 決定的なチャンスにPKを外して「頑張って続けるしかない」(472クリック)

関連商品

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ