2007年09月09日放送

大竹伸朗

画家

 彼の作品は「スクラップ」、つまり貼ることによって作られる。紙だけでなく貼れるものはなんでも貼る。
 昨年末、東京都現代美術館で2ヶ月間行われた大竹の個展は、日本人としては初めて3フロアすべてを使い、出展数は前代未聞の2000点だった。ちなみに来場者は55000人。
 1982年の個展デビュー当時、自費出版した画集が、2000部売れればヒットといわれる美術系出版の世界で、初版で1万部が完売という異例の売れ行きを記録。
 大竹の作品は、今や多くの美術館に所蔵され、若い学芸員たちがこぞって彼の個展をやりたがる。一泊10万円以上する高級旅館の部屋にも、大竹の作品がかかる。
 しかし、当の大竹は、そんな輝かしい経歴にあまりとんちゃくしていないようだ。「大事なのは『今日何を作ったのか?』ということ」だから。
 番組では9ヶ月間大竹に密着し、独特の世界を覗かせてもらった。そこから垣間見られたものは…?

プロフィール

大竹伸朗

大竹伸朗


担当スタッフ

演出:香山宏三
ナレーター:窪田等
撮影:高橋秀典、南幸男、松永朋広
音効:井田栄司
制作協力:SLOWHAND
プロデューサー:中野伸二、伊豆田知子

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ