毎日放送(MBS)



2006年11月05日放送

冨田洋之

体操選手

体操選手・冨田洋之、25歳。
体操ニッポンの復活を引っ張るエースだ。2004年アテネ五輪で団体金の立役者となり、昨年の世界選手権では日本選手で31年ぶりの快挙となる個人総合の優勝を果たした。この10月にデンマークで開催された世界選手権・個人総合は連覇を阻まれ、銀メダルに終わったが、観客席のエールは凄まじく、「パーフェクト・パフォーマー、冨田」の真骨頂を改めて世界に見せつけた。
冨田のこだわりは、美しい演技。しなやかな体躯を極限まで使い、いかに優美なパフォーマンスを体現できるのかを追究する。自分が思い描くパーフェクトな体操をするためには、わずか数十秒の演技に何百ものチェックポイントがあるという。今シーズンから体操のルールが大きく変わったことも、冨田は気にしない。「勝とうと思って演技してないです。結果は全部あとからなんです。」
番組では、5ヶ月間に渡って冨田選手に密着。冨田が出場した全ての競技会に同行し、彼の強さの秘密を探った。

プロフィール

冨田洋之

冨田洋之


担当スタッフ

演出:長南武
ナレーター:窪田等
撮影:桜田仁、高橋秀典、森屋進一
音効:井田栄司
制作協力:えふぶんの壱
プロデューサー:中野伸二、上野光雪

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

jounetsuをフォローしましょう

ページトップへ