2006年06月11日放送

山野井泰史

クライマー

クライマー・山野井泰史、41歳。
彼の登山方法は八千メートル級の名峰を、あえて単独・無酸素で踏破するというもの。しかも、垂直の壁面をよじ登るクライミングにこだわり、世界の登山家たちが驚くような難ルートを次々と開拓した。山野井が最強クライマーの呼び声高い所以だ。その実績により、植村直己冒険大賞、文部科学省スポーツ功労賞、朝日スポーツ賞を受賞した。
ところが、それまで好調だった山野井のクライミングが4年前、突如暗転した。ヒマラヤの高峰ギャチュン・カン(7952m)で雪崩に遭い、奇跡的に生還したものの、凍傷によって手足の指10本を失った。
4年間のリハビリを経て、今年、山野井はクライミングを本格的に再開する。かつてのようなクライミング能力がどこまで回復しているのだろうか? 復活への手がかりはつかめるのだろうか?2006年初頭から5ヶ月間、情熱大陸のカメラは、己の肉体と格闘する山野井の姿を追った。

プロフィール

山野井泰史

山野井泰史


担当スタッフ

演出:重乃康紀
構成:田代裕
ナレーター:窪田等
撮影:辻中伸次、藤田岳夫、長谷川諭
音効:井田栄司
制作協力:えふぶんの壱
プロデューサー:中野伸二、上野光雪

« 前の放送過去の放送一覧次の放送 »

公式Facebook

Twitter

#情熱大陸

ページトップへ